岸本監督(トヨタクラブ新大阪)が辞意表明!
昨年(平成19年)大阪マンデーベースボールリーグに加盟したトヨタクラブ新大阪を率いた名将・岸本寿人監督が体調不良を理由に平成20年3月10日付けで辞任することが明らかになりました。
これを受けてトヨ新は事実上、北京五輪の出場を断念する模様。
岸本氏の後任には中尾力氏が有力視されている・・・というか岸本氏が「中尾に任せる」とおっしゃってました。
今季のトヨタクラブ新大阪は開幕から1勝3敗と元気がない。(3/10現在)しかしその負けた3試合もファルコン、パルプンテいずみ、大阪バンブスと強豪ばかり相手なので悲観すべきではなく、むしろその内の2試合が1点差での惜敗という内容は堂々胸を張れるものである。
またこのうち、虎の子の1勝は昨年3位のKFCフェニックスから最終回に逆転してのものだけに価値ある1勝でもある。
記者会見はあしたかあさってか来週くらいに新高輪プリンスホテルとかで行われるかもしれないが行われないかもしれない。
選手に檄を飛ばす岸本氏(中央30)
2008年開幕戦(対ファルコン)の試合前の握手をする岸本氏(中央右側)
岸本氏のコメント
このたび3/10にてトヨタクラブ新大阪の監督を辞任いたしましたのでお知らせいたします。
わずか1シーズンでしたがありがとうございました。
今後とも大阪マンデーベースボールリーグの益々の発展を祈念いたします。-中略-
また時々グランドに顔を出しますのでよろしくお願いいたします。   岸本寿人

-
岸本監督といえば誰もが認める温和な人柄で自軍の敗戦にも決して笑顔を絶やさないという印象があります。
また ベンチ入り人数が少ないときは少ないなりにやりくりし、ベンチ入りの選手が多い時は控え選手をなるべく使い選手みんなが休日を野球で楽しむという草野球の原点を実践されていました。
しかし時にその選手起用が裏目に出て終盤逆転されるという場面も何度かあったりもしましたが、それがまたトヨ新スタイルと言った感じでこっそりと水面下で定着しつつありました。

岸本監督ひとまずお疲れ様でした。
体調を万全にされて、またの復帰を心待ちにしています。 ありがとうございました。
-
共同通信 いたちぼり支社