史上3人目の女性選手がKFCからデビュー!
2008年6月9日(月)金岡球場第一試合・KFCフェニックス対レッドソックス

3−1とKFCフェニックス2点のビハインドで迎えた6回裏、ノーアウト満塁の場面。
9番渡慶次(とけし)の代打で登場した
古川さくら選手(17)(写真)は
2−2からの5球目を引っ掛けピッチャーゴロに・・・しかしなんとかゲッツーは免れ、
その後チームの逆転劇を呼び込んだ。(4-3で勝利) ※選手名のあとの(17)は年齢ではなく背番号です。

代打出場が決まった時の感想は「緊張してま〜す」でした。
このきれいな打撃フォームから一目瞭然だが、学生時代はソフトボール部でショートを守り
日本代表が銅メダルに輝いた2004年のアテネ五輪では自慢の俊足を生かし自分の会社から買ってきた”から揚げ”を肴にビールを飲みながら宇津木ジャパンを応援していたらしい。 (右投げ左打ち)
-
これはファウルチップの時のショット。しかしゴンノカミでかすぎ。
デビュー初打席の古川選手。座ってるキャッチャーと身長は大してかわらん (一塁手石川、捕手権守)
-
尚、予選リーグ公式戦に出場する女性選手は歴代3人目だが自前のユニホーム
で出場する女性選手は”リーグ史上初”となる。
彼女が今季低迷するKFCフェニックスを救うヒロインとなるか!? 後半戦のさくら選手に注目!
新華社通信 鈴蘭台支社