第11回大阪マンデーベースボールリーグ 決勝戦
パルプンテいずみ(予選リーグ1位・2年ぶり2回目の出場) 対 TOYOTA HK BROTHERS(準決勝リーグ1位・2年連続2回目の出場)
平成20年11月10日(月) 東大阪市・花園セントラルスタジアム
主審・関 一塁・大崎 二塁・浅田 三塁・安東
-
TOYOTA HK BROTHERS
0
0

0

0
0
0
0
0
1
1
パルプンテいずみ
0
2
0
0
0
0
2
3
×
7
パルプンテいずみは初優勝
TOYOTA HK BROTHERS 泉元●、白江、泉元、西浦、西川 - 才納、小柳
パルプンテいずみ 藤原○、和泉 - 福本
三塁打 才納(THKB)
二塁打 白江(THKB)
MVP 藤原(パルプンテいずみ)
敢闘賞 白江(TOYOTA HK BROTHERS)
優秀選手 石野(パルプンテいずみ)

 

決勝戦・打撃成績
(先攻)TOYOTA HK BROTHERS
打順
守備
氏名
打席
打数
安打
打点
盗塁
犠打飛
四死球
三振
失策
1
2-9
才納
5
5
2
0
0
0
0
1
0
2
3
北浦
5
3
0
0
0
0
2
0
0
3
9-8
5
5
1
0
0
0
0
0
0
4
4
久保田
5
3
0
1
1
0
2
1
1
5
7-1-7
白江
5
5
2
0
0
0
0
0
0
6
6-2
小柳
4
3
1
0
0
0
1
1
2
7
1-7-1
泉元
3
3
0
0
0
0
0
0
0
7
PH
藤崎
1
1
0
0
0
0
0
0
0
7
1-9-5
西浦
0
0
0
0
0
0
0
0
1
8
5-6
山下
4
3
1
0
0
0
1
0
1
9
8-1
西川
4
4
0
0
0
0
0
1
0
合計
41
35
7
1
1
0
6
4
5
(後攻)パルプンテいずみ
打順
守備
氏名
打席
打数
安打
打点
盗塁
犠打飛
四死球
三振
失策
1
1-6
藤原
5
2
1
0
2
0
3
0
0
2
7
石野
5
3
1
2
1
0
2
0
0
3
2
福本
5
3
1
1
0
0
2
0
0
4
8
手島
5
5
2
0
0
0
0
0
0
5
6-5
井ノ阪
5
5
0
0
0
0
0
0
0
6
9
中村
5
5
1
0
0
0
0
1
0
7
5
樫木
3
3
1
0
0
0
0
0
1
7
3
飛山
2
2
0
0
0
0
0
0
0
8
3-4
中谷
4
3
1
0
0
0
1
0
0
8
1
和泉
1
0
0
0
0
0
1
0
0
9
4-5-4
小野
5
5
1
0
0
0
0
2
0
合計
45
36
9
3
3
0
9
3
1

 

決勝戦・投手成績
氏名(チーム)
勝負
投球回
打者
安打
犠打飛
四死球
三振
暴投
ボーク
失点
自責点
防御率
泉元
5
26
5
0
4
2
0
0
4
2
3.60
白江
-
2
10
2
0
2
1
0
0
0
0
0.00
西浦
-
0 0/3

2

0
0
2
0
0
0
0
2
西川
-
1
7
2
0
1
0
1
0
3
0
0.00
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
藤原
7
30
5
0
3
2
0
0
0
0
0.00
和泉
-
2
11
2
0
3
2
0
0
1
1
4.50

 

決勝戦・試合経過 
1回表・TOYOTA-HKB

13時15分試合開始。
一番・才納(サイノウ)空振り三振、二番・北浦ショートへの小飛球、三番・米(ヨネ)セカンドフライで三者凡退。

1回裏・パルプンテいずみ 一番・藤原センター前クリーンヒット、二番・石野デッドボールでノーアウト12塁、三番・福本センターフライ、四番・手島キャッチャーファウルフライ、五番・井ノ阪(イノサカ)の時ダブルスチールに成功、しかし井ノ阪はピッチャーゴロで二者残塁無得点。
2回表・TOYOTA-HKB

四番・久保田フォアボール、五番・白江の初球に二盗に成功、白江はサードゴロ、六番・小柳ショートフライ、七番・泉元ショートフライで三塁に久保田が残塁無得点。

2回裏・パルプンテいずみ 六番・中村サードゴロ、七番・樫木センター前への当たりをセンターがスライディングキャッチを試みるも及ばずテキサスヒットに、八番・中谷(ナカヤ)の時パスボールで二進、中谷はフォアボール、九番・小野ファースト、セカンド、ライトのちょうど真ん中に落ちるヒットでワンアウト満塁、一番・藤原ショートゴロで三塁ランナーが本塁封殺、二番・石野センター右への二点タイムリーパルプンテいずみ先制!三番・福本レフトフライでスリーアウトチェンジもこの回待望の先取点をあげる。
3回表・TOYOTA-HKB 八番・山下センター前へのテキサスヒット、九番・西川キャッチャーへのフェアフライ、一番・才納ピッチャーゴロの間に山下は二進、二番・北浦ファーストゴロでスリーアウトチェンジ。二塁に山下残塁で無得点。
3回裏・パルプンテいずみ 四番・手島ライトフライ、五番・井ノ阪レフトへの痛烈なライナーをレフト白江がダイビングキャッチ!六番・中村ショートへの内野安打、七番・樫木サードゴロで中村残塁無得点。
4回表・TOYOTA-HKB 三番・米ファースト内野安打、四番・久保田ファウルで粘るも高目のボール球を空振り三振、五番・白江あらかじめ左によっていたレフトへのファウルフライ、六番・小柳センター前へのクリーンヒット、七番・泉元センターフライで二者残塁無得点。
4回裏・パルプンテいずみ 八番・中谷サードゴロ、九番・小野カーブに空振り三振、一番・藤原デッドボールで出塁も二番の時けん制でタッチアウト、無得点。
5回表・TOYOTA-HKB 八番・山下ライトフライ、九番・西川ピッチャーフライ、一番・才納平凡なサードゴロをサードが絵に書いたようなトンネル、二番・北浦ファーストゴロで才納残塁無得点。
5回裏・パルプンテいずみ TOYOTA-HKBレフトの白江がピッチャー、ピッチャーの泉元がレフト。
二番・石野ショートゴロ、三番・福本フォアボール、四番・手島ライト前ヒット、五番・井ノ阪サードゴロで二塁ランナーを三封しゲッツーを狙うも一塁への送球が悪送球となり2・3塁、いずみのチャンスは続く、しかし六番・中村見逃し三振でスリーアウト二者残塁無得点。
6回表・TOYOTA-HKB パルプンテいずみサードの樫木に代わり飛山が入りファースト、ファーストの中谷がセカンド、セカンドの小野がサードにそれぞれ交代。
三番・米ファーストフライ、四番・久保田ピッチャーフライ、五番・白江三塁線を痛烈に破るツーベースヒット、六番・小柳フォアボールで1・2塁、七番・泉元ショートゴロで二者残塁無得点。
6回裏・パルプンテいずみ 七番・樫木ピッチャーゴロ、八番・中谷ライト前ヒット、九番・小野センターフライ、一番・藤原今日二つ目のデッドボール、二番・石野のショートゴロで一塁ランナー封殺、二者残塁無得点。
7回表・TOYOTA-HKB 八番・山下ショートフライ、九番・西川サードライナー、一番・才納レフトオーバーの三塁打、二番・北浦フォアボール、三番・米ピッチャーゴロで二者残塁無得点。
7回裏・パルプンテいずみ TOYOTA-HKBレフトの泉元が再びピッチャー、ピッチャーの白江がレフトに戻る。三番・福本デッドボール、四番・手島ショートフライ、五番・井ノ阪のピッチャーゴロで二封狙うもセカンドのエラー、六番・中村弱い当たりのサードゴロでランナーそれぞれ進塁ツーアウトながら2・3塁と追加点のチャンス。七番・飛山ショートゴロをショートがタイムリーエラーで1点追加、八番・中谷もショートゴロだったが連続でエラーが出てしまいさらに1点献上、九番・小野見逃し三振でスリーアウトもこの回2点追加し4−0とリードを広げる。
8回表・TOYOTA-HKB パルプンテいずみセカンドの中谷に代わり和泉が入りピッチャー、ピッチャーの藤原がショート、ショート井ノ阪がサード、サード小野がセカンドにそれぞれ代わる。
四番・久保田サードゴロ、五番・白江センター前ヒット、六番・小柳見逃し三振、七番・代打藤崎ショートゴロで白江残塁無得点。
8回裏・パルプンテいずみ

TOYOTA-HKB代打の藤崎に代わり西浦が入りピッチャー
一番・藤原フォアボール、二番・石野の時藤原二盗に成功、石野はデッドボール、
TOYOTA-HKBピッチャー西川に交代、西浦はライト、米がセンターにそれぞれ交代。

三番・福本の時ワイルドピッチでランナー2・3塁にそれぞれ進塁、さらにパスボールで3塁ランナー生還し1点追加、二塁ランナーは3塁へ、福本はセンター前タイムリーヒット、この回2点目。6−0とさらにリードを広げる。
TOYOTA-HKBキャッチャー才納がライト、ライト西浦がサード、サード山下がショート、ショート小柳がキャッチャーにそれぞれ変更。

四番・手島・センター前へ落ちるテキサスヒット
で1・2塁、五番・井ノ阪サードゴロをサードが1塁へ悪送球し二塁ランナーの福本が還り7−0とする。六番・中村センターフライでようやくワンアウト、七番・飛山ピッチャーゴロ、八番・和泉フォアボールでツーアウト満塁も九番・小野サードゴロでスリーアウト三者残塁、しかしこの回ダメ押しの3点追加!

9回表・TOYOTA-HKB 八番・山下フォアボール、九番・西川見逃し三振、一番・才納ショートへの内野安打、二番・北浦フォアボールで満塁、三番・米サードフライ、四番・久保田デッドボールで押し出し、TOYOTA-HKBようやく1点を返す、しかし最後の打者五番・白江のサードゴロをサードがベースを踏んでゲームセット! パルプンテいずみ初優勝! MVPは投打に活躍のパルプンテいずみ・藤原。敢闘選手賞は2安打とファインプレー、投げては2回無失点のTOYOTA-HKB・白江、優秀選手賞は勝利打点となる先制タイムリーを放ったパルプンテいずみ・石野がそれぞれ獲得。 パルプンテいずみは次週の近畿統一リーグ決勝戦にOMBL代表として出場する。

 

 

 

第二試合 3位決定戦
大阪バンブス(準決勝リーグ2位) 対 住之江JAPAN(準決勝リーグ3位)
0
住之江JAPAN
0
0
0
0
1
0
1
2
大阪バンブス
0
2
0
0
2
4
×
8
(先攻)住之江JAPAN
打順
守備
氏名
打席
打数
安打
打点
1
8
島田
3
3
0
0
2
7
今西
3
2
0
0
3
6
山本(星)
3
3
0
0
4
3-4
古川
3
2
0
0
5

5

西岡
3
3
0
0
6
4-1
長田
2
2
0
0
6
H
北脇
1
1
0
0
7
2
日裏
3
1
0
0
8
1-4
石川
2
2
1
1
8
3
大成
1
1
1
1
9
9
安東
3
3
0
0
合計
27
23
2
0
(後攻)大阪バンブス
打順
守備
氏名
打席
打数
安打
打点
1
4
雲戸
4
4
1
1
2
6-7
井藤
4
3
0
1
3
2
宮本
3
3
0
0
4
5
吉田
3
3
0
0
5

8

北畠
2
2
0
0
5
H6
大村
1
1
0
0
6
3
永田
2
1
1
1
6
R9
倉本
1
1
0
0
7
7
多田
2
0
0
1
7
H8
中野
1
1
1
0
8
1
北脇
3
3
1
0
9
9-3
杉本
2
1
0
1
9
H3
瀬口
1
0
0
0
合計
29
23
4
5
住之江JAPAN 石川●、長田 - 日裏
大阪バンブス 北脇○ - 宮本
三塁打 永田(大阪バンブス)
優秀選手 北脇(大阪バンブス)
優秀選手 石川(住之江JAPAN)

 

 

 

第一試合 5位決定戦
Red's(準決勝リーグ4位) 対 レッドソックス(プレーオフ勝者)
0
レッドソックス
0
1
1
0
1
1
-
4
Red's
0
0
0
0
0
1
-
1
規定により6回時間切れ
(先攻)レッドソックス
打順
守備
氏名
打席
打数
安打
打点
1
6
清生
4
3
1
0
2
5
中村(洋)
3
3
0
0
2
5
城戸崎
1
1
0
0
3
8
永瀬
3
3
2
0
4
7
西山
3
3
2
2
5

3

石川
2
2
1
0
5
3
藤川
1
1
0
0
6
9
後藤
3
3
0
0
7
4
谷岡
3
3
2
0
8
1
中島
3
3
1
1
9
2
権守
3
3
1
1
合計
29
28
10
4
(後攻)Red's
打順
守備
氏名
打席
打数
安打
打点
1
7
片岡
3
2
0
0
1
7
曽谷
1
1
0
0
2
6
甲斐
3
2
1
0
3
5
篠原
3
3
0
0
4
3
高橋
3
3
0
0
5

8

津山
3
2
0
0
6
9
宮本
3
3
1
0
7
4
住田
3
2
1
0
8
2
内原
3
1
0
0
9
1
潮崎
3
3
0
0
合計
28
22
3
0
レッドソックス 中島○ - 権守
Red's 潮崎● - 内原
二塁打 西山2(レッドソックス)
優秀選手 中島(レッドソックス)

 

 

HOMEへ