第18回大阪マンデーベースボールリーグ 決勝戦
パルプンテいずみ(準決勝リーグ1位) 対 CROWS(準決勝リーグ2位)
2015年10月26日(月) 八尾市立山本球場
主審・阪本 一塁・松本 二塁・宮崎 三塁・矢久指
5位、3位決定戦、決勝戦、表彰式・閉会式の画像はこちら
-
パルプンテいずみ
0
0

3

2
0
0
0
0
0
5
CROWS
0
0
0
0
0
2
0
0
0
2
パルプンテいずみは3年ぶり3回目の優勝
パルプンテいずみ・○岩下、松野 - 永野、森尾
CROWS・●鷲尾、岩坂 - 北野
二塁打 谷本(CROWS)、永野(パルプンテ)
MVP 勝岡(パルプンテいずみ)
敢闘賞 谷本(CROWS)
優秀選手賞 岩下(パルプンテいずみ)

 

決勝戦・打撃成績
(先攻)パルプンテいずみ
打順
守備
氏名
打席
打数
安打
打点
盗塁
犠打飛
四死球
三振
失策
1
6
勝岡
5
4
3
0
6
0
1
0
0
2
72
森尾
5
4
1
0
2
0
1
0
0
3
4
藤原
5
3
0
1
1
1
1
0
0
4
8
手島
5
4
1
0
1
0
1
0
0
5
27
永野
5
4
2
1
1
0
1
1
0
6
5
山下
5
4
1
0
2
0
1
0
0
7
3
市村
4
4
0
0
0
0
0
0
0
8
9
樫木
2
2
0
0
0
0
0
1
0
9
和泉
1
1
0
0
0
0
0
1
1
1
松野
1
1
0
0
0
0
0
0
0
9
19
岩下
4
4
2
0
1
0
0
0
0
合計
42
35
10
2
14
1
6
3
1
(後攻)CROWS
打順
守備
氏名
打席
打数
安打
打点
盗塁
犠打飛
四死球
三振
失策
1
7
原田
4
4
0
0
0
0
0
1
0
2
98
老田
4
2
1
0
1
0
2
0
0
3
6
高木
4
4
1
0
0
0
0
0
1
4
19
鷲尾
4
4
0
0
0
0
0
1
0
9
上森
0
0
0
0
0
0
0
0
0
5
3
谷本(達)
4
3
1
1
0
0
1
0
0
6
2
北野
4
4
0
0
0
0
0
0
0
7
5
赤嶺
4
2
0
0
0
0
2
0
0
8
4
藤田
3
2
0
0
0
0
1
0
0
4
吉田
1
1
0
0
0
0
0
0
0
9
8
紙谷
3
3
1
0
1
0
0
2
1
1
岩坂
1
1
0
0
0
0
0
0
0
合計
36
30
4
1
2
0
6
4
2

 

決勝戦・投手成績
氏名(チーム)
勝負
投球回
打者
安打
犠打飛
四死球
三振
暴投
ボーク
失点
自責点
防御率
岩下(パルプンテ)
5
19
2
0
3
3
0
0
0
0
0.00
松野(パルプンテ)
-
4
17
2
0
3
1
1
0
2
2
4.50
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
鷲尾(CROWS)
6
30
8
1
4
3
2
0
5
3
4.50
岩坂(CROWS)
-
3
12
1
0
2
0
0
0
0
0
0.00

 

決勝戦・試合経過 
1回表・パルプンテいずみ

1番勝岡センター前ヒット、2番のとき二盗、三盗を連続で決め、いきなりノーアウト3塁と先制のチャンスを作る。しかし後続の2番森尾サードゴロ、藤原サードフライ、手島キャッチャーファウルフライに倒れ無得点。

1回裏・CROWS1番原田見逃し三振。2番老田フォアボール。3番高木サードフライ。4番のとき老田が二盗に成攻、CROWS一打先制のチャンス。しかし4番鷲尾は見逃し三振で老田が2塁に残塁無得点。
2回表・パルプンテいずみ永野デッドボール、その後ワイルドピッチで二進のあと6番山下はショートへの内野安打で1.3塁、さらに山下は二盗を決めノーアウト2.3塁と初回に続き先制のチャンスを迎える。しかしここでもCROWS鷲尾が踏ん張り、7番市村キャッチャーファウルフライ。8番樫木空振り三振。最後は9番岩下のレフトへ左を破るかという当りをCROWSレフト原田が好捕しパルプンテいずみこの回も無得点に終わる。
2回裏・CROWS

5番谷本がデッドボールで出塁。きっちり送りたいところだったが6番北野のバントはピッチャーフライとなりワンアウト。7番赤嶺フォアボールで1.2塁とCROWSも先制のチャンス。続く藤田の打球はいい当たりのショートゴロ、パルプンテいずみショート勝岡がファンブルするも、そのボールがちょうどベースカバーに来たセカンドのところへ転がる、セカンドが拾い上げベースを踏み、さらに1塁に送球しダブルプレーを完成させた。CROWSはこの回も無得点に終わる。

3回表・パルプンテいずみ1番勝岡ショートフライ。2番森尾ライト前ヒット、3番の初球に二盗成攻。3番藤原フォアボールで1.2塁。続く4番手島の詰まった当たりのショートゴロは軟式野球独特の強い回転がかかり正面のゴロながらショートが捕球できず、さらに2塁方向にはじいたため二塁ランナーの森尾は俊足を飛ばしてホームをおとしいれた。記録は内野安打と得点はショートのエラー。さらにダブルスチールで2.3塁とし5番永野がインコースのスライダーを見事にセンター前へはじき返し2点目。6番山下フォアボールで満塁のあと7番市村の時にワイルドピッチで3点目。なお2.3塁とするが市村はファーストフライ。8番樫木はセンターフライに倒れる。しかしパルプンテいずみはこの回3点を先制し主導権を握った。
3回裏・CROWS

9番紙谷三球三振。1番原田セカンドゴロ。2番老田セカンドへの内野安打。3番の初球に盗塁を試みるも失敗。スリーアウト。

4回表・パルプンテいずみ

9番岩下センター前ヒット。1番勝岡の時二盗に成攻。勝岡も三遊間を抜くレフト前ヒットで続き1.3塁、さらに2番森尾の初球に二盗しノーアウト2.3塁と追加点のチャンスを迎える。森尾セカンドフライでワンアウトのあと3番藤原の大きなセンターフライで2.3塁のランナーがそれぞれスタート。3塁ランナーをあきらめ2塁ランナーを3塁でアウトにしようとしたセンターからの送球がそれ二者が還り5−0と差を広げた。記録は犠飛と2点目はセンターの悪送球。4番手嶋センターライナーでスリーアウト。

4回裏・CROWS

パルプンテいずみライト樫木に代わり和泉。3番高木サードゴロ。4番鷲尾サードゴロ。5番谷本のライトライナーを代わったばかりの和泉がそらしツーアウトながら2塁。6番北野のあたりはセンターへ抜けるかという打球もパルプンテいずみ藤原が逆シングルで好捕し1塁に送球、間一髪でアウトとなる。CROWSこの回も得点ならず。

5回表・パルプンテいずみ5番永野見逃し三振。6番山下セカンドゴロ。7番市村セカンドフライ。この試合両チーム通じてはじめての三者凡退。
5回裏・CROWS

7番赤嶺サードファウルフライ。8番藤田サードゴロ。9番紙谷ライト前ヒット、1番の2球目に二盗に成攻、さらにキャッチャーの悪送球で3塁へ。1番原田ファーストファウルフライ。紙谷残塁無得点。

6回表・パルプンテいずみ8番和泉空振り三振。9番岩下レフト線へのヒットも2塁を欲張りタッチアウト。1番勝岡サードへの内野安打、2番の初球に二盗を決める。2番森尾デッドボール。3番の初球にダブルスチール成功で2.3塁も3番藤原はファーストゴロでこの回無得点。
6回裏・CROWS

パルプンテいずみライトの和泉に代わり松野がピッチャー。ピッチャーの岩下がライトに、レフトの森尾がキャッチャー、キャッチャー永野がレフトにそれぞれ交代。2番老田フォアボール。3番高木三遊間をゴロで抜くレフト前ヒット。4番鷲尾セカンドへのライナーをパルプンテいずみセカンド藤原が好捕しワンアウト。5番谷本左中間を破るタイムリーツーベースでようやくCROWSが1点を返す。なおも2.3塁で6番北野サードゴロのあと7番赤嶺の初球にワイルドピッチでさらに1点返す。赤嶺はフォアボール。8番藤田もフォアボールで満塁とし長打がで出れば同点かという場面で2年前のMVP紙谷に期待がかかるがあえなく空振り三振となり三者残塁。しかしこの回CROWSは2点を返し3点差とした。

7回表・パルプンテいずみCROWSセンターの紙谷に代わり岩坂が入りピッチャー、ピッチャー鷲尾がライト、ライト老田がセンター、セカンド藤田が吉田にそれぞれ交代。4番手島フォアボール。5番永野はセカンドゴロで1塁ランナーが二封。6番山下ショートゴロでショートが1塁ランナーにタッチしツーアウト。7番市村サードゴロでスリーアウト。
7回裏・CROWS

1番原田サードゴロ。2番老田キャッチャーへのフェアフライ。3番高木ショートへのライナーをパルプンテいずみショート勝岡がファインプレーしCROWSはこの試合初めての三者凡退。

8回表・パルプンテいずみ8番松野センターフライ。9番岩下ファーストゴロ。1番勝岡フォアボールのあと2番の初球に二盗成攻。2番森尾ライトフライ。無得点。
8回裏・CROWS

4番鷲尾センターフライ。5番谷本鋭い当たりもサード正面のライナー。6番北野もいい当たりだったがセンター正面のライナーで三者凡退スリーアウト。

9回表・パルプンテいずみCROWSライトの鷲尾に代わり上森。3番藤原セカンドライナー。4番手島ライトフライ。5番永野センタオーバーのエンタイトルツーベースヒット。6番山下レフトライナー。永野が2塁に残塁、スリーアウト。パルプンテいずみ3回目の優勝まであと1イニングとなる。
9回裏・CROWS

7番赤嶺ファーストファウルフライ。8番吉田セカンドフライ。9番岩坂のライトへのライナーをパルプンテいずみライト岩下がダイビングキャッチし試合終了。パルプンテいずみが3年ぶり3回目の優勝!MVPは3安打6盗塁のパルプンテいずみ・勝岡。敢闘賞は唯一の打点をあげたCROWS・谷本。優秀選手賞は先発し5回を完璧に抑え、また打っても2安打のパルプンテいずみ岩下が受賞した。

 

5位、3位決定戦、決勝戦、表彰式・閉会式の画像はこちら

 

第二試合 3位決定戦
トヨタクラブ新大阪(準決勝リーグ3位) 対 TOYOTA HK BROTHERS(準決勝リーグ4位)
主審・松本 一塁・宮崎 二塁・矢久指 三塁・阪本
0
トヨタクラブ新大阪
0
0
0
0
0
0
0
0
TOYOTA HK BROTHERS
0
0
0
1
0
0
0
1
(先攻)トヨタクラブ新大阪
打順
守備
氏名
打席
打数
安打
打点
1
9
山田
1
1
1
0
9
鹿島
2
2
0
0
9
溝端
0
0
0
0
H
中達
1
1
0
0
2
73
大迫
3
2
0
0
3
6
山下
3
3
0
0
4
8
池部
3
3
2
0
5
4
棚原
3
2
1
0
6
2
永井
2
2
0
0
H2
新井
1
1
0
0
7
1
渡邊
1
1
0
0
1
岩永
2
2
1
0
8
5
奥田
3
2
0
0
9
3
松村
1
1
0
0
7
西原
2
2
1
0
合計
28
25
6
0
(後攻)TOYOTA HK BROTHERS
打順
守備
氏名
打席
打数
安打
打点
1
81
西川
3
2
1
0
2
798
3
3
0
0
3
6
才納
3
2
0
0
4
2
3
3
2
0
5
3
北浦
3
3
1
0
6
97
藤崎
3
3
0
0
7
59
西浦
3
2
0
0
8
4
島本
3
3
0
0
9
15
東條
2
2
0
0
合計
26
23
4
0
トヨタクラブ新大阪・●渡邊、岩永 - 永井、新井
TOYOTA HK BROTHERS・○東條、西川 - 光
MVP 光(TOYOTA HK BROTHERS)
敢闘賞 池部(トヨタクラブ新大阪)

 

5位、3位決定戦、決勝戦、表彰式・閉会式の画像はこちら

 

第一試合 5位決定戦
ファルコン(プレーオフ勝者) 対 大阪バンブス(プレーオフ勝者)
主審・宮崎 一塁・矢久指 二塁・阪本 三塁・松本
0
大阪バンブス
2
0
0
0
0
0
2
4
ファルコン
0
1
1
0
0
0
0
2
(先攻)大阪バンブス
打順
守備
氏名
打席
打数
安打
打点
1
8
北畠
4
4
0
0
2
4
高嶋
4
4
3
1
3
9
木戸
4
4
1
0
4
5
吉田(英)
3
3
1
2
5
6
豊田
3
3
0
0
6
2
雲戸
3
3
1
0
7
1
小手田
3
3
1
0
8
3
高広
2
2
0
0
H3
吉田(耕)
1
0
0
0
9
7
多田
3
3
0
0
合計
30
29
7
3
(後攻)ファルコン
打順
守備
氏名
打席
打数
安打
打点
1
8
松本(和)
4
4
0
0
2
6
岩根
4
4
1
0
3
971
佐藤(琢)
4
4
0
0
4
3
大内
3
3
0
0
5
2
伊藤(譲)
3
1
0
0
6
5
田中(裕)
3
3
1
0
7
17
森月
3
1
0
0
8
4
金森
3
3
2
1
9
79
土田
1
1
0
0
9
北野
2
2
0
0
合計
30
26
4
1
大阪バンブス・○小手田 - 雲戸
ファルコン・森月、●佐藤琢 - 伊藤
二塁打 木戸、吉田英(以上大阪バンブス)
MVP 高嶋(大阪バンブス)
敢闘賞 金森(ファルコン)

 

HOMEへ