第八回近畿統一リーグ・試合結果
2006年12月4日(月) 於  大阪府東大阪市花園野球場
第一試合・優勝戦
大阪マンデーベースボールリーグ代表・大阪バンブス(8年連続8回目出場) 対 兵庫スパイリーリーグ代表・レオポンズ(初出場) 
主審・宮崎弟  一塁・建部(兵庫)  二塁・川本(ビッグシャーク)  三塁・安東(ビッグシャーク)
-
--
H
E
ディリーレオポンズ(兵庫1位)
0
0

1

0
0
0
0
-
6
3
1
大阪バンブス(大阪1位)
0
0
0
1
2
0
0
-
4
0
3
大阪バンブスは2年ぶり5回目の優勝
ディリーレオポンズ 和賀●、上村 - 冨嶋
大阪バンブス 辻野○ - 永田

二塁打 弓場(ゆば)、亀尾2(以上ディリーレオポンズ) 永田(大阪バンブス)

盗塁 井藤、弘田、永田(以上大阪バンブス)
失策 和賀、岩本、冨嶋(以上ディリーレオポンズ)
振り逃げ 坂本(大阪バンブス)
-
MVP 弘田(大阪バンブス)
優秀選手賞 亀尾(ディリーレオポンズ)
優秀選手賞 辻野(大阪バンブス)
優勝戦・打撃成績
(先攻)デイリーレオポンズ
打順
守備
氏名
打数
安打
打点
盗塁
犠打飛
四死球
三振
失策
1
4
弓場
4
1
0
0
0
0
1
0
2
2
冨嶋
2
1
1
0
0
1
0
1
3
6
西岡
3
0
0
0
0
0
0
0
4
8
佐藤
3
0
0
0
0
0
1
0
5
1-7
和賀
3
1
0
0
0
0
0
1
6
9
亀尾
3
2
0
0
0
0
1
0
7
3
岩本
2
1
0
0
0
1
0
1
8
5
岡田
2
0
0
0
0
0
0
0
-
H
矢野
1
0
0
0
0
0
0
0
9
7
西村
2
0
0
0
0
0
0
0
-
1
上村「
1
0
0
0
0
0
0
0
合計
26
6
1
0
0
2
3
3
(後攻)大阪バンブス
打順
守備
氏名
打数
安打
打点
盗塁
犠打飛
四死球
三振
失策
1
6
井藤
3
1
0
1
0
0
1
0
2
8
多田
3
0
0
0
0
0
2
0
3
4
高田正
1
0
0
0
0
1
1
0
-
9-4
弘田
1
1
1
1
0
0
0
0
4
2
永田
3
1
1
1
0
0
1
0
5
3
渡邊
3
0
0
0
0
0
1
0
6
7
坂本
3
0
0
0
0
0
1
0
7
5
八木
3
0
0
0
0
0
1
0
8
1
辻野
2
1
0
0
0
1
1
0
9
9-4
大村
1
0
0
0
1
0
0
0
-
H-9
谷高
1
0
0
0
0
0
1
0
合計
24
4
2
3
1
2
10
0

 

優勝戦・投手成績
氏名(チーム)
勝負
投球回
打者
安打
犠打飛
四死球
三振
暴投
ボーク
失点
自責点
防御率
和賀(レオポンズ)
5
24
4
1
2
7
1
0
3
2
2.80
上村(レオポンズ)
-
1
3
0
0
0
3
0
0
0
0
0.00
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
辻野(大阪バンブス)
7
28
6
0
2
3
0
0
1
1
1.00

 

優勝戦・試合経過 
1回表ディリーレオポンズ 1番・弓場ピッチャーゴロ 2番・冨嶋四球 3番・西岡レフトフライ 4番・佐藤サードゴロ 冨嶋残塁で無得点。
1回裏大阪バンブス 1番・井藤見逃し三振 2番・多田見逃し三振 3番・高田正四球 4番・永田の初球がパスボールで高田正は二塁へ、大阪バンブス先制のチャンスも永田はショートフライで高田正残塁無得点。
2回表ディリーレオポンズ 5番・和賀サードフライ 6番・亀尾空振り三振 7番・岩本センター前ヒット 8番・岡田サードゴロ 岩本残塁で無得点。
2回裏大阪バンブス 5番・渡邊サードフライ 6番・坂本サードファウルフライ 7番・八木レフトフライ 大阪バンブス三者凡退。
3回表ディリーレオポンズ 9番・西村サードファウルフライ 1番・弓場センター右へのヒットも好走塁で二塁打に!その後投手の牽制悪送球で三塁へ進塁。2番・冨嶋の詰まった投手前のあたりは 軟式特有の回転で投手、ショートとともに捕れずタイムリー内野安打に!ディリーレオポンズ1点先制!3番・西岡サードゴロで1走冨嶋が二封。4番の時西岡盗塁失敗。しかしこの回ディリーレオポンズが1点を先取する。
3回裏大阪バンブス 8番・辻野ライト前ヒット 9番・大村絶妙の送りバントで辻野は二塁へ。 1番・井藤ピッチャーフライ 2番・多田空振り三振で辻野残塁大阪バンブス無得点。
4回表ディリーレオポンズ 4番・佐藤見逃し三振 5番・和賀ライト前ヒット 6番・亀尾左中間二塁打でワンアウト2・3塁。ディリーレオポンズ追加点のチャンス! しかし続く7番・岩本のサードゴロで3走の和賀が3本間で狭殺されツーアウト(その間に打者走者は二塁へ) 8番・岡田サードファウルフライで2者残塁。ディリーレオポンズチャンスを逃す。
4回裏大阪バンブス 3番・高田正見逃し三振 4番・永田見逃し三振 5番・渡邊の投手後方への小フライをピッチャーが落球(記録エラー) 6番・坂本振り逃げ(ワイルドピッチ)でツーアウトながら1・2塁のチャンス! 7番・八木のファーストゴロでファーストからベースカバーの投手へのトスが暴投になり渡邊が生還する。大阪バンブスノーヒットで同点に追いつく!(打者走者の八木は二塁へ) 8番・辻野四球でツーアウト満塁と勝ち越しのチャンスも9番・大村がレフトフライで大阪バンブスこの回1点どまり。
5回表ディリーレオポンズ 大阪バンブス・ライト弘田に交替、ライトの大村がセカンドに  9番・西村ピッチャーゴロ 1番・弓場空振り三振 2番・冨嶋センターフライ ディリーレオポンズこの試合はじめての三者凡退。
5回裏大阪バンブス 1番・井藤センター前ヒット、その後2盗に成功 2番・多田ピッチャーゴロで井藤は三塁へ。 大阪バンブス勝ち越しのチャンス! 3番・弘田センター前タイムリーヒット!大阪バンブス2−1と勝ち越す!弘田はその後2盗に成功し4番・永田の右中間二塁打で大阪バンブスこの回2点目のホームイン!永田も5番・渡邊の時3盗に成功。 しかし渡邊は見逃し三振、6番・坂本はサードゴロに倒れ三塁に永田が残塁も大阪バンブスこの回2点勝ち越す!
6回表ディリーレオポンズ 3番・西岡ピッチャーゴロ 4番・佐藤セカンドフライ 5番・和賀センターフライ ディリーレオポンズ5回に続いての三者凡退。
6回裏大阪バンブス ディリーレオポンズレフトの西村に替わり上村が入りピッチャー、ピッチャーの和賀がレフトへ。 7番・八木空振り三振 8番・辻野見逃し三振 9番・代打谷高見逃し三振 大阪バンブス三者連続三振!
7回表ディリーレオポンズ

大阪バンブス・代打の谷高がライトに入り、ライトの弘田がセカンドに 6番・亀尾レフトオーバーの二塁打 7番・岩本四球でノーアウト1・2塁。ディリーレオポンズ最終回の反撃!8番・代打矢野ショートフライ(インフィールドフライ) 9番・上村セカンドゴロで1走岩本が二封。 最後の打者1番・弓場をファーストフライに打ちとって大阪バンブスが2年ぶり5回目の優勝!MVPは途中出場の弘田選手!

 

第二試合・選抜戦
大阪マンデーベースボールリーグ(OMBL)選抜 対 兵庫スパイリーリーグ選抜
主審・宮崎 一塁・弘田(大阪バンブス)  二塁・大森(兵庫)  三塁・大村(大阪バンブス)
0
-
H
E
兵庫・スパイリーリーグ選抜
0
0
0
0
0
1
0
0
0
-
2
0
1
大阪・OMBL選抜
1
0
0
0
0
1
0
2
0
-
7
1
4
大阪マンデーベースボールリーグ選抜は5大会ぶりの優勝
兵庫スパイリーリーグ選抜 北田(兵庫・エンブレム)、福島(同)● - 藤本(兵庫・フェニックス)、北田(兵庫・エンブレム)
大阪マンデーベースボール選抜 富岡(大阪・KFCフェニックス)○、元吉(大阪・ビッグシャーク) - 永田(大阪・大阪バンブス)
-
二塁打 藤原(大阪・パルプンテいずみ)
盗塁 大槻(大阪・レッドソックス)富岡(大阪・KFCフェニックス)
失策 住田(大阪・Red's)
-
MVP 富岡(大阪・KFCフェニックス)
優秀選手賞 中島(兵庫・フェニックス)
優秀選手賞 甲斐(大阪・Red's)
優秀選手賞 北田(兵庫・エンブレム)
優秀選手賞 元吉(大阪・ビッグシャーク)
兵庫スパイりリーグチーム略称
大阪OMBLチーム略称
(エ)エンブレム
(バン)大阪バンブス
(フ)フェニックス
(K)KFCフェニックス
(垂)垂水ピストルズ (住)住之江Japan
(兵)兵庫
(タ)タイヨーフレンズ
- (ハイ)ハイスポッティング
- (パル)パルプンテいずみ
- (ビ)ビッグシャーク
-
(レ)レッドソックス
- (R)Red’s
選抜戦・打撃成績
(先攻) スパイリーリーグ選抜(兵庫)
打順
守備
氏名
打数
安打
打点
盗塁
犠打飛
四死球
三振
失策
1
1-2
北田(エ)
4
0
0
0
0
0
0
0
2
6-1
福島(エ)
3
0
0
0
0
1
1
0
3
4-6
中村(垂)
4
0
0
0
0
0
1
0
4
2-3
藤元(フ)
4
0
0
0
0
0
1
0
5
5
佐々木(フ)
3
0
0
0
0
1
0
0
6
9-4
橋本(エ)
3
0
0
0
0
0
0
0
7
8
大崎(兵)
3
0
0
0
0
0
0
0
8
3-4
西村(フ)
2
0
0
0
0
0
2
0
-
H-9
谷口(エ)
0
0
0
0
0
1
0
0
9
7
中島(フ)
3
2
0
0
0
0
0
0
合計
29
2
0
0
0
3
5
0
(後攻)大阪マンデーベースボールリーグ選抜(大阪)
打順
守備
氏名
打数
安打
打点
盗塁
犠打飛
四死球
三振
失策
1
8
大槻(レ)
2
1
0
1
0
0
0
0
-
H-7
坪内(レ)
2
0
0
0
0
0
0
0
2
6
藤原(パル)
3
1
0
0
0
1
1
0
3
2
永田(バン)
3
2
0
0
0
1
0
0
4
3
手島(パル)
3
0
1
0
1
0
2
0
5
4
甲斐(R)
1
1
1
0
1
0
0
0
-
4
住田(R)
1
0
0
0
0
1
1
1
6
7-8
島田(住)
4
1
1
0
0
0
1
0
7
5
宮崎(タ)
2
0
0
0
0
2
2
0
8
9
井上(ハイ)
4
0
0
0
0
0
2
0
9
1
富岡(K)
1
1
0
1
0
1
0
0
-
1
元吉(ビ)
1
0
0
0
0
0
0
0
合計
27
7
3
2
2
6
9
1

 

選抜戦・投手成績
氏名(チーム)
勝負
投球回
打者
安打
犠打飛
四死球
三振
暴投
ボーク
失点
自責点
防御率
北田(兵庫・エ)
-
4
17
2
1
4
6
1
0
1
1
2.25
福島(兵庫・エ)
4
18
5
1
2
3
1
0
3
2
4.50
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
富岡(大阪・K)
6
21
2
0
1
4
2
0
1
1
1.50
元吉(大阪・ビ)
-
3
11
0
0
2
1
0
0
0
0
0.00

 

選抜戦・試合経過 
1回表兵庫スパイリーリーグ選抜 1番・北田ファーストフライ 2番・福島三遊間の深い当たりのショートゴロで間一髪アウト 3番・中村ショートゴロで三者凡退。 
1回裏大阪OMBL選抜 1番・大槻初球にセフティバントを成功させる。その後二盗に成功、2番・藤原、3番・永田連続四球で満塁。 4番・手島見逃し三振 5番・甲斐レフトへ犠牲フライを打ち、OMBL選抜1点先制! 6番・島田空振り三振でスリーアウト。
2回表兵庫スパイリーリーグ選抜 4番・藤元空振り三振 5番・佐々木セカンドゴロ 6番・橋本ショートゴロ 兵庫選抜初回に続き三者凡退。
2回裏大阪OMBL選抜 7番・宮崎見逃し三振 8番・井上空振り三振 9番・富岡四球、その後ワイルドピッチで二塁へ。1番・大槻ピッチャーフライでOMBL選抜この回無得点。
3回表兵庫スパイリーリーグ選抜 7番・大崎セカンドゴロ 8番・西村見逃し三振 9番・中島ショートへの内野安打 1番・北田サードゴロ。中島残塁無得点。
3回裏大阪OMBL選抜 2番・藤原空振り三振 3番・永田センターフライ 4番・手島空振り三振 OMBL選抜三者凡退。
4回表兵庫スパイリーリーグ選抜 2番・福島空振三振 3番・中村ファーストゴロ 4番・藤元サードゴロ 三者凡退。
4回裏大阪OMBL選抜 5番・甲斐セカンド左を抜いてセンター前ヒット 6番・島田ピッチャーゴロで1-4-3のダブルプレー!一瞬にしてツーアウトランナー無しに。 7番・宮崎四球 8番・井上サードファウルフライで宮崎残塁無得点。
5回表兵庫スパイリーリーグ選抜 5番・佐々木ボテボテのピッチャーゴロで1塁間一髪アウト 6番・橋本センターフライ 7番・大崎痛烈な当たりもセカンド正面のライナー 兵庫選抜この試合早くも4度目の三者凡退。
5回裏大阪OMBL選抜

兵庫スパイリーリーグ選抜・ピッチャー北田がキャチャー、ショート福島がピッチャー、セカンド中村がショート、キャッチャー藤元がファースト、ファースト西村がセカンドへそれぞれシート変更する。 9番・富岡レフトへライナーのヒット 1番・代打坪内センターフライ 2番・藤原センターフライ 3番の時ランナーの富岡が二盗に成功、しかしそのあとキャチャーからの牽制球に憤死する。 無得点。

6回表兵庫スパイリーリーグ選抜 OMBL選抜・代打の坪内がレフト、セカンド住田、レフト島田がセンターにそれぞれ交替 8番・西村見逃し三振 9番・中島センター前ヒット 1番・北田レフトフライ 2番の時ワイルドピッチの投球を捕手が見失う間に1塁走者中島は三塁へ、2番・福島は四球もそのボールが再びワイルドピッチとなり兵庫選抜同点に追いつく!3番・中村サードゴロも兵庫選抜この回同点に!
6回裏大阪OMBL選抜 3番・永田レフト前ヒットその後ワイルドピッチで一気に三塁へ 4番・手島ピッチャーフライ 5番・住田の時パスボールで永田が還りOMBL選抜が1点を取り返し勝ち越す!住田は空振り三振 6番・島田ジャストミートもファースト正面のライナー。
7回表兵庫スパイリーリーグ選抜 OMBL選抜・ピッチャー元吉に交替 4番・藤元ファーストゴロ 5番・佐々木四球 6番・橋本ピッチャーゴロ1-6-3のダブルプレー。結果的にこの回の兵庫選抜は3人で攻撃終了。
7回裏大阪OMBL選抜 7番・宮崎空振り三振 8番・井上見逃し三振 9番・元吉ファーストフライ OMBL3回以来この試合2度目の三者凡退。
8回表兵庫スパイリーリーグ選抜

7番・大崎ショートゴロをOMBLショート藤原がジャンピングスローで間一髪アウトに。8番・代打谷口四球 9番・中島サードゴロ、サードからの送球をセカンドが落球しワンアウト1・2塁。しかし1番・北田ショートフライ 2番・福島ライトフライで兵庫選抜無得点。

8回裏大阪OMBL選抜 兵庫スパイリーリーグ選抜・代打の谷口がそのまま入りライト、ライトの橋本がセカンドへ交替 1番・坪内レフトフライ 2番・藤原豪快に叩いてライトオーバーのエンタイトルツーベースヒット! 3番・永田の平凡なセカンドゴロがイレギュラーバウンドしセカンドがはじく(記録ヒット) 藤原は三塁へ 4番・手島ライトへ深い当たりの犠牲フライで三塁から藤原が還り1点追加! 5番・住田四球 6番・島田右中間にタイムリーヒット!二塁から永田が還りこの回2点目! 7番・宮崎デッドボールでツーアウト満塁に! しかし8番・井上ショートゴロ。 この回OMBL選抜2点追加で4−1とリードを広げる!
9回表兵庫スパイリーリーグ選抜 3番・中村空振り三振 4番・藤元センターフライ 5番・佐々木セカンドゴロで試合終了!OMBL選抜が2000年以来6年ぶり(5大会ぶり)3度目の優勝!MVPは前半戦を完璧に抑え、自らもヒットを打った富岡投手(大阪・KFCフェニックス)が獲得!
HOMEへ