第九回近畿統一リーグ・試合結果
2007年11月26日(月) 於  兵庫県・明石球場
画像はこちら
第一試合・優勝戦
兵庫スパイリーリーグ代表・エンブレム(4年ぶり4回目出場) 対 大阪マンデーベースボールリーグ代表・レッドソックス(初出場) 
主審・宮崎  一塁・建部(兵庫)  二塁・住岡(大阪・タイヨーフレンズ)  三塁・工(兵庫)
-
--
H
E
レッドソックス(大阪1位)
0
0

2

0
0
0
0
-
5
0
2
エンブレム(兵庫1位)
0
0
0
0
1
0
0
-
7
1
1
レッドソックスは初出場初優勝
レッドソックス 溝渕、川村 - 三好
エンブレム 北田、近藤 - 馬渡(まわたり)

二塁打 中島(レッドソックス)

MVP 溝渕(レッドソックス)
優秀選手賞 高聖(エンブレム)
優秀選手賞 川村(レッドソックス)

 

優勝戦・打撃成績
(先攻)大阪代表・レッドソックス
打順
守備
氏名
打数
安打
打点
盗塁
犠打飛
四死球
三振
失策
1
6
太田
2
1
0
0
0
2
0
0
2
4
中島
4
1
0
0
0
0
1
0
3
3
村山
2
0
0
1
0
2
1
0
4
19
溝渕
3
1
2
0
0
1
1
0
5
7
西山
3
0
0
0
0
0
0
0
6
2
三好
2
0
0
0
0
1
1
0
7
95
永瀬
3
1
0
0
0
0
0
0
8
8
萩原
2
0
0
0
0
1
1
0
9
5
中村(洋)
2
0
0
0
0
0
2
0
9
1
川村
1
1
0
0
0
0
0
0
合計
24
5
2
1
0
7
7
0
(後攻)兵庫代表・エンブレム
打順
守備
氏名
打数
安打
打点
盗塁
犠打飛
四死球
三振
失策
1
61
近藤
4
1
0
1
0
0
1
0
2
16
北田
1
0
0
2
0
3
0
0
3
8
高(聖)
4
2
0
0
0
0
0
0
4
5
橋本
3
1
0
0
0
1
0
0
5
2
馬渡
4
0
1
0
0
0
0
0
6
7
伊吹
3
1
0
0
0
0
0
1
7
3
高木
3
2
0
0
0
0
1
0
8
4
福島
2
0
0
0
0
1
1
0
9
9
大森
3
0
0
0
0
0
0
0
合計
27
7
1
3
0
5
3
1

 

優勝戦・投手成績
氏名(チーム)
勝負
投球回
打者
安打
犠打飛
四死球
三振
暴投
ボーク
失点
自責点
防御率
溝渕(レッドソックス)
4
21
4
0
5
3
0
0
0
1
1.75
川村(レッドソックス)
-
3
11
3
0
0
0
0
0
0
0
0.00
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
北田(エンブレム)
5
23
4
0
6
5
1
0
2
2
2.80
近藤(エンブレム)
-
2
8
1
0
1
2
0
0
0
0
0.00

 

1回表レッドソックス 1番太田四球。2番中島の初球に太田が二盗を試みるも相手捕手の強肩の前にあえなくタッチアウト。中島はセカンドゴロ。3番村山四球、4番溝渕の2球目に村山が二盗を敢行し今度は成功する。溝渕はツースリーから四球を選び、ツーアウトながら1,2塁とチャンス。しかし5番西山レフトフライで二者残塁無得点。
1回裏エンブレム 1番近藤ツーワンからのストレートに手が出ず見逃し三振。2番北田ツースリーから四球を選ぶ、3番の初球に二盗を成功させる。3番高聖もツースリーと粘るがピッチャーフライ。4番橋本はストレートのフォアボール。5番馬渡サードファウルフライ。二者残塁無得点。
2回表レッドソックス 6番三好空振り三振。7番永瀬サードゴロ。8番萩原デッドボール、9番中村洋の初球がワイルドピッチとなり萩原は二塁へ、しかしその後キャッチャーからの二塁へのけん制球に憤死する。スリーアウト無得点。
2回裏エンブレム 6番伊吹セカンドゴロ。7番高木空振り三振もキャッチャーがその投球を3塁線へはじく、それをみて1塁にスタートを切った打者走者高木だったが相手キャッチャー三好の軽やかなフィールディングの前に間一髪アウトとなる。8番福島空振り三振。この回エンブレムは三者凡退。
3回表レッドソックス 9番中村洋ツーワンからのストレートを空振り三振。1番太田センター右へ両チーム通じての初安打を放つ。2番中島左中間二塁打でワンアウト2,3塁とレッドソックス先制点のチャンス。3番村山四球で満塁とし、4番溝渕がセンター左へ2点タイムリーヒット!レッドソックス2点を先制!一塁走者の村山は三塁へ、なおもワンアウト1,3塁とチャンスは続く。5番西山セカンドフライ。6番三好サードフライで追加点はならず。しかしこの回2点を先制し2−0とする。
3回裏エンブレム 9番大森キャッチャーへのフェアフライ。1番近藤サードフライ。2番北田四球、3番の時二盗に成功、この日二つ目の盗塁。3番高聖ファーストゴロ、ベースカバーのピッチャーにボールが送られスリーアウト二塁に北田が残塁。
4回表レッドソックス 7番永瀬レフト前ヒット、この打球をレフトが後逸し永瀬は二塁へ。記録はワンヒットワンエラー。8番萩原、9番中村洋と連続で空振りの三振に斬ってとられあっという間にツーアウト二塁となる。1番太田四球で1,2塁とするも2番中島サードゴロでこの回無得点二者残塁。
4回裏エンブレム 4番橋本サードゴロ。5番馬渡センターフライ。6番伊吹レフト前へチーム初ヒット7番高木のショートへの高いバウンドのゴロが内野安打となりエンブレム連打で1,2塁。8番福島四球で満塁とするも9番大森がファーストフライに打ち取られエンブレム反撃のチャンスを逃す。
5回表レッドソックス 3番村山ファーストゴロ。4番溝渕空振り三振。5番西山ピッチャーゴロ。レッドソックス初めての三者凡退。
5回裏エンブレム 1番近藤レフト前ヒット。2番北田の2球目に二盗を成功させる。2番北田デッドボール。3番高聖送りバントを試みるも小飛球に、レッドソックス・ピッチャー溝渕が3塁線手前でダイビングをするもボールはわずかにグラブの先をかすめファールゾーンへ、記録はサードへの内野安打。エンブレムノーアウト満塁の願っても無いチャンスを迎える。レッドソックスここでピッチャーの溝渕に替わり川村を投入。溝渕はライトに、ライトの永瀬がサードに、サードの中村洋がベンチに引っ込む。4番橋本サードゴロ、5-2-3とボールが送られるが1塁はセーフ、3塁ランナーはフォースアウトでワンアウト。5番馬渡もサードゴロ、同じく5-2-3とボールが送られるがホームはフィルダースチョイスとなりセーフ、しかし1塁はアウトでツーアウト2,3塁となる。エンブレム1点返し2−1と1点差に詰め寄る。6番伊吹セカンドゴロ。二者残塁もこの回エンブレムは1点を返す!
6回表レッドソックス エンブレム ピッチャー北田がショートに、ショート近藤がピッチャーに代わる。6番三好四球。7番永瀬ライトライナー。8番萩原ピッチャーゴロ、この間に三好は二塁へ。9番川村ショートへの内野安打でツーアウト1,3塁。1番太田ファーストゴロ。スリーアウト、二者残塁で無得点。
6回裏エンブレム 7番高木センター前ヒット、しかし8番の時キャッチャーからのけん制球でタッチアウトになる。8番福島ライトフライ。9番大森サードゴロ。無得点。
7回表レッドソックス 2番中島見逃し三振。3番村山もツースリーから見逃し三振。4番溝渕ライトフライ。レッドソックスこの試合2度目の三者凡退。
7回裏エンブレム 1番近藤ピッチャーゴロ。2番北田サードゴロ。あっという間にツーアウトとなるも3番高聖レフト前ヒット。4番橋本セカンドへの内野安打で1,2塁と攻め、エンブレムも最後の意地を見せる。しかし5番馬渡がキャッチャーファウルフライに倒れエンブレム万事休す。レッドソックスが初出場初優勝を飾る!MVPは先発し好投と2打点のレッドソックス・溝渕選手が獲得。優秀選手賞にノーアウト満塁からのリリーフで一失点に食い止め見事なセーブを挙げたレッドソックス・川村投手と2安打のエンブレム高聖選手が選ばれた。

 

 

第二試合・選抜戦
兵庫・スパイリーリーグ選抜 対 大阪・大阪マンデーベースボールリーグ(OMBL)選抜 
主審・宮崎 一塁・石川(大阪・レッドソックス)  二塁・新阜(兵庫)  三塁・中村洋(大阪・レッドソックス)
0
-
H
E
大阪・OMBL選抜
1
1
2
0
2
0
0
0
0
-
9
4
6
兵庫・神戸スパイリーリーグ選抜
0
0
0
1
0
4
0
0
2×
-
10
5
7
兵庫選抜は2年ぶり5回目の優勝

大阪マンデーベースボール選抜 元吉(ビ)、川本晃(ハイ)、鈴木(オ)、藤原(パル)、鈴木(オ)、雲戸(バン) - 宮本(ド)

兵庫スパイリーリーグ選抜 永井、馬渡、五味、近藤、上村 - 竹田、松井、三村、馬渡
ホームラン 藤原(大阪・パルプンテいずみ)
三塁打 藤原(大阪・パルプンテいずみ) 伊吹(兵庫)
二塁打 藤原(大阪・パルプンテいずみ) 元吉(大阪・ビッグシャーク) 木下(大阪・トヨタクラブ新大阪) 竹村(兵庫)
MVP 大崎(兵庫)
優秀選手賞 藤原(大阪・パルプンテいずみ)
優秀選手賞 伊吹(兵庫)
優秀選手賞 宮本(大阪・ドミノスラッパーズ)
優秀選手賞 上村(兵庫)
選抜戦・打撃成績
(先攻)大阪・OMBL選抜
打順
守備
氏名
打数
安打
打点
盗塁
犠打飛
四死球
三振
失策
1
616
藤原(パル)
5
3
2
0
0
1
0
0
2
4
住岡(タ)
3
0
1
0
0
0
0
1
2
H464
広瀬(Re)
2
0
0
0
0
1
1
0
3
7
木下(ト)
2
1
0
1
0
1
0
0
3
7
西山(レ)
3
0
0
0
0
0
0
0
4
8
手嶋(パル)
1
0
0
0
0
2
0
0
4
8
白江(T)
2
0
0
0
0
0
1
0
5
5
佐藤(K)
2
1
0
0
0
3
0
3
6
9
高橋(Rd)
5
0
0
0
0
0
0
0
7
3
大成(住)
5
1
0
0
0
0
0
0
8
2
宮本(ド)
4
2
0
0
0
1
0
0
9
1
元吉(ビ)
2
1
0
0
0
0
0
0
9
1
川本晃(ハイ)
1
0
0
0
0
0
0
0
9
141
鈴木(オ)
1
0
0
0
0
0
1
0
9
1
雲戸(バ)
1
0
0
0
0
0
0
0
合計
39
9
3
1
0
9
3
4
(後攻)兵庫・神戸スパイリーリーグ選抜
打順
守備
氏名
打数
安打
打点
盗塁
犠打飛
四死球
三振
失策
1
9
中島
2
0
0
0
0
0
1
0
1
9
鴨川
3
0
0
0
0
0
2
0
2
8
大崎
5
2
0
2
0
0
1
0
3
3
亀井
1
0
0
0
0
1
0
0
3
R3
橋本
3
0
0
0
0
0
1
0
4
717
五味
4
1
0
0
0
1
0
0
5
1
永井
1
0
0
0
0
0
1
0
5
172
馬渡
0
0
0
0
0
4
0
0
6
5
竹村
5
2
1
0
0
0
0
4
7
4
岩本
2
2
0
0
0
0
0
0
7
4
1
0
0
0
0
0
0
0
7
16
近藤
2
0
0
0
0
0
0
0
8
2
竹田
1
0
0
0
0
0
0
0
8
2
松井
1
0
0
0
0
0
0
0
8
24
三村
2
1
1
0
0
0
0
0
8
4
伊吹
1
1
1
0
0
0
0
0
9
6
楠木
2
0
0
0
0
0
0
0
9
6
中来田
1
1
2
0
0
0
0
0
9
1
上村
2
0
0
0
0
0
0
1
合計
39
10
5
2
0
6
6
5
大阪OMBLチーム略称
兵庫スパイりリーグチーム略称
(オ)大阪オアシス (エ)エンブレム
(バン)大阪バンブス
(フ)フェニックス
(K)KFCフェニックス
(垂)垂水ピストルズ
(住)住之江Japan (兵)兵庫
(タ)タイヨーフレンズ
-
(T)TOYOTA HK BROTHERS -
(ト)トヨタクラブ新大阪 -
(ド)ドミノスラッパーズ -
(ハイ)ハイスポッティング -
(パル)パルプンテいずみ -
(ビ)ビッグシャーク -
(Re)Respect Osaka -
(レ)レッドソックス
-
(Rd)Red’s -

 

選抜戦・投手成績
氏名(チーム)
勝負
投球回
打者
安打
犠打飛
四死球
三振
暴投
ボーク
失点
自責点
防御率
元吉(大阪・ビッグシャーク)
-
3
12
2
0
1
2
0
0
0
0
0.00
川本晃(大阪・ハイスポッティング)
-
2
8
2
0
1
1
0
0
1
1
4.50
鈴木(大阪・大阪オアシス)
-
0 2/3
10
3
0
3
0
0
0
4
0
0.00
藤原(大阪・パルプンテいずみ)
-
0 2/3
2
0
0
0
1
0
0
0
0
0.00
雲戸(大阪・大阪バンブス)
2 1/3
13
3
0
1
2
0
0
2
1
3.86
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
永井(兵庫)
-
2 1/3
17
4
0
4
0
3
0
4
2
7.71
馬渡(兵庫)
-
1 2/3
7
1
0
2
0
0
0
0
0
0.00
五味(兵庫)
-
2
9
2
0
1
0
1
0
2
2
9.00
近藤(兵庫)
-
1
4
0
0
0
1
0
0
0
0
0.00
上村(兵庫)
2
11
2
0
2
2
1
0
0
0
0.00

 

選抜戦・試合経過 
1回表OMBL選抜 1番藤原いきなりライトオーバーの三塁打、2番の初球にワイルドピッチでOMBL選抜あっという間に1点先制!2番住岡サードゴロエラー。3番木下セカンドゴロで4-6と渡り走者が入れ替わる。4番手嶋四球。5番佐藤四球でワンアウト満塁と初回から大きなチャンスを迎える。しかし 6番高橋、7番大成と連続でファーストフライを打ち上げ追加点はならず、OMBL選抜この回1点止まり。
1回裏スパイリーリーグ選抜 1番中島空振り三振。2番大崎セカンドへの痛烈なゴロをセカンドが弾く(記録はセカンドのエラー)3番亀井ファーストゴロ、3-6とボールが渡り走者が入れ替わる。4番五味ショートフライで無得点。
2回表OMBL選抜 8番宮本ピッチャーゴロ。9番元吉レフトオーバーの二塁打1番藤原のレフト前へのテキサスヒットで元吉は三塁へ、打者走者の藤原は好走塁で2塁を陥れる(記録は二塁打)OMBL選抜ワンアウト2,3塁のチャンス。2番住岡のサードゴロの間に三塁走者の元吉が還りOMBL選抜2点目を挙げる!3番木下四球。4番手嶋いい当たりもセカンドゴロでスリーアウト、三塁に藤原一塁に木下が残塁もOMBL選抜この回1点追加。2-0とする。
2回裏スパイリーリーグ選抜 5番永井空振り三振。6番竹村ピッチャーゴロ。7番岩本レフト前ヒット。8番竹田セカンドゴロでスリーアウト、岩本残塁で無得点。
3回表OMBL選抜 スパイリーリーグ選抜・キャチャー松井に交替5番佐藤痛烈に三遊間を破るレフト前ヒットでノーアウト一塁。6番高橋サードゴロもサードから一塁への送球が悪送球になり走者、打者走者とも進みノーアウト2,3塁とする。7番大成のときキャッチャーのパスボールで三塁走者の佐藤に続き、2塁走者の高橋まで還りOMBL選抜この回2点を追加する。大成はショートゴロ。8番宮本四球。9番元吉の時スパイリーリーグ選抜・ピッチャーを先発の永井から馬渡にスイッチする。元吉はレフトフライ。1番藤原はセカンドゴロ。OMBL選抜この回2点追加で4-0とリードを広げる。
3回裏スパイリーリーグ選抜

9番楠木ピッチャーゴロ。1番中島セーフティバントも2-3とボールが送られ間一髪アウト(記録はキャッチャーゴロ)2番大崎ライト前ヒット、3番の時二盗、三盗に成功。3番亀井四球で1,3塁スパイリーリーグ反撃のチャンス。1塁ランナー亀井に代わり代走・橋本。4番の時一走の橋本が盗塁を試みるもキャッチャーからの好送球でアウトに。スリーアウト無得点。

4回表OMBL選抜 2番住岡サードゴロ。3番木下右中間への二塁打。4番手嶋四球。5番佐藤の時2塁走者の木下が盗塁を試みるもスタートが早すぎでピッチャーに見破られ1-5と渡りあっさりアウトになる。佐藤は四球。6番高橋サードゴロでOMBL選抜この回チャンスを逃す。
4回裏スパイリーリーグ選抜 OMBL選抜ピッチャー川本晃に交替。4番五味セカンドゴロ。5番馬渡四球。6番竹村のレフトオーバーの当たりで一塁から馬渡が還りスパイリーリーグ選抜1点返す。打者走者の竹村は二塁を廻り三塁を欲張るが7-6-5とボールが中継されタッチアウトに。7番岩本1,2塁間をしぶとく破るライト前ヒット。8番松井ショートフライ。この回スパイリーリーグ選抜1点を返す。
5回表OMBL選抜 スパイリーリーグ選抜・ライト鴨川、ピッチャー五味、ピッチャーの馬渡はレフト、セカンド東、キャッチャー三村にそれぞれ交替。7番大成ライトフライ。8番宮本ファースト後ろへフライを打ち上げるがファースト及ばずライト線へ落ちそのままファールグランドへ(記録セカンド内野安打)9番川本晃のときワイルドピッチで2進。川本晃はサードゴロ。1番藤原がライナーで三遊間を割った打球は前進守備のレフト右を抜け外野を点々とする、打者走者の藤原は俊足を生かし一気にホームを陥れる(記録はランニングツーランホームラン)OMBL選抜6点目を追加する。試合展開からダメ押しかとも思われたが・・・。2番住岡サードゴロもサードがファーストへ悪送球、これをみた住岡は2塁を欲張るがファーストからの返球に2塁手前でタッチアウトに。スリーアウトもOMBL選抜この回2点追加6-1とする。
5回裏スパイリーリーグ選抜

OMBL選抜レフト西山、センター白江にそれぞれ交替。9番楠木センターフライ。1番鴨川空振り三振。2番大崎ピッチャーゴロ。この試合両チームを通じてはじめての三者凡退。

6回表OMBL選抜 スパイリーリーグ選抜・ショート中来田に交替。3番西山セカンドゴロ。4番白江サードゴロ。5番佐藤四球。6番高橋ライトフライ。スリーアウト無得点。
6回裏スパイリーリーグ選抜

OMBL選抜ピッチャー鈴木に交替。橋本サードゴロエラー。4番五味四球。5番馬渡四球。スパイリーリーグ選抜ノーアウト満塁のビッグチャンス。6番竹村のサードゴロをサードがホームへ悪送球しスパイリーリーグ選抜2点目を入れる。7番東レフトライナー。8番三村三遊間を抜くタイムリーヒットでさらに1点を返し6-3とする。9番中来田センター前ヒットで三塁走者に続き2塁走者も還る2点タイムリーヒットで6-5とスパイリーリーグ選抜1点差まで詰め寄るここでOMBL選抜はピッチャーをセカンドに、セカンドがショートに、ショートの藤原がピッチャーにそれぞれ交替。1番鴨川センターフライ。2番大崎空振り三振。リリーフの藤原が完璧に後続を断つもののスパイリーリーグ選抜この回4点を返し1点差に!

7回表OMBL選抜 スパイリーリーグ選抜・ピッチャーの五味がレフト、レフトの馬渡がキャッチャー、キャッチャー三村がセカンド、セカンドに替わりピッチャーが近藤にそれぞれ交替。7番大成サードゴロエラー。8番宮本セカンドゴロで走者入れ替わる。9番鈴木空振り三振。シングルヒットが出ればサイクル安打の1番藤原はサードフライ。スリーアウト無得点。
7回裏スパイリーリーグ選抜

OMBL選抜ピッチャーの藤原がショートに、ショート広瀬がセカンドにセカンド鈴木がピッチャーにとそれぞれがもとに戻る。3番橋本サードゴロ。4番五味センター前ヒット。5番馬渡デッドボールでスパイリーリーグ選抜ワンアウト1,2塁のチャンス!OMBL選抜ピッチャーを雲戸に交替6番竹村サードへの内野安打で満塁にする。7番近藤ファーストフライ。8番三村サードフライでスリーアウト三者残塁無得点。

8回表OMBL選抜 スパイリーリーグ選抜・ピッチャーが上村、ピッチャーの近藤がショートへそれぞれ交替。2番広瀬四球、3番西山ピッチャーフライエラー(落球)でノーアウト1,2塁のチャンス。4番白江空振り三振。5番佐藤ショートフライ。6番高橋セカンドフライ。後続が続かず二走者残塁、無得点。
8回裏スパイリーリーグ選抜 9番上村サードファウルフライ。1番鴨川振り逃げ。2番大崎ライト前ヒット。3番橋本見逃し三振。4番五味のファウルフライをキャッチャーがダイビングキャッチしスリーアウト!
9回表OMBL選抜

スパイリーリーグ選抜・セカンド伊吹に交替7番大成センター前ヒット。8番宮本センター前ヒット。9番雲戸ファーストフライ。1番藤原の時ワイルドピッチで走者がそれぞれ進み2,3塁に。藤原は四球でOMBL選抜ワンアウト満塁の大チャンス。しかし2番広瀬見逃し三振。3番西山ファーストフライでスリーアウト三者残塁無得点。

9回裏スパイリーリーグ選抜

5番馬渡四球。6番竹村キャッチャーファウルフライ。7番近藤ショートフライでツーアウト。しかし8番伊吹が左中間を破る三塁打を放ち1塁走者を迎え入れスパイリーリーグ選抜土壇場で同点に追いつく!尚ランナー三塁と一打サヨナラの場面に9番上村の打球はサード右への難しい当たり、この打球がサードのグラブの下をすり抜け三遊間を転がる間に三塁ランナー伊吹が還りスパイリーリーグ選抜が劇的な逆転サヨナラで2年ぶりに選抜戦を制す。(最後の打球の記録はサードのエラー)
MVPは2安打2盗塁の大崎(兵庫)が獲得。

 

 

HOMEへ