第13回近畿統一リーグ・試合結果
平成23年11月28日(月) 於  明石球場(明石トーカロ球場)
第一試合・優勝戦
兵庫代表・レオポンズ(5年ぶり2回目出場) 対 大阪代表・大阪バンブス(3年連続11回目出場)
主審・峯元  一塁・宮崎  二塁・山本  三塁・荻野
-
-
H
E
R
大阪バンブス(大阪1位)
0
0

0

0
0
0
1
1
0
-
0
0
2
レオポンズ(兵庫1位)
0
0
0
0
0
0
0
0
3×
-
0
0
3
大阪バンブス 石原、●中尾 - 雲戸
レオポンズ 上村、○佐藤充 - 亀尾
三塁打 冨嶋(レオポンズ)
二塁打 吉田英、森本(以上大阪バンブス) 上村(レオポンズ)
-
MVP 冨嶋(レオポンズ)
敢闘賞 小泉(大阪バンブス)
優秀選手賞 佐藤利(レオポンズ)
優勝戦・打撃成績
(先攻)大阪代表・大阪バンブス
打順
守備
氏名
打席
打数
安打
打点
盗塁
犠打飛
四死球
三振
失策
1
8
辻野
4
4
0
0
0
0
0
1
0
2
6-1
中尾
4
4
1
0
0
0
0
1
0
3
2
雲戸
4
3
0
0
2
0
1
1
1
4
5
吉田英
4
1
1
1
0
1
2
0
1
5
1-4
石原
4
4
0
0
0
0
0
2
0
6
9
森本
4
4
1
0
0
0
0
2
0
7
4-6
豊田
4
4
0
0
0
0
0
0
1
8
3
小泉
3
3
1
1
0
0
0
1
0
H-3
藤川
1
1
0
0
0
0
0
0
0
9
7
多田
3
2
0
0
1
0
1
0
0
合計
35
30
4
2
3
1
4
8
3
(後攻)兵庫代表・レオポンズ
打順
守備
氏名
打席
打数
安打
打点
盗塁
犠打飛
四死球
三振
失策
1
4
弓場
4
4
0
0
0
0
0
0
0
2
9
藤田
1
1
1
0
0
0
0
0
0
H
折原
1
1
0
0
0
0
0
0
0
7
西村
2
2
1
0
1
0
0
1
0
3
6-5-1
佐藤充
4
4
0
0
0
0
0
0
0
4
7-9
岩田
4
4
0
0
0
0
0
0
0
5
8-5
重松
4
3
1
0
0
0
1
0
0
6
2
亀尾
4
4
0
0
0
0
0
0
0
7
3
岩本
2
2
0
0
0
0
0
0
0
H-4
冨嶋
2
2
1
2
0
0
0
1
0
8
5
達野
2
2
0
0
0
0
0
0
0
H-3-8
佐藤利
2
2
1
1
0
0
0
0
1
9
1-3
上村
3
3
1
0
0
0
0
0
0
合計
35
34
6
3
1
0
1
2
1

 

優勝戦・投手成績
氏名(チーム)
勝負
投球回
打者
安打
犠打飛
四死球
三振
暴投
ボーク
失点
自責点
防御率
石原(大阪バンブス)
-
6
22
3
0
0
0
0
0
0
0
0.00
中尾(大阪バンブス)
2 1/3
13
3
0
1
2
0
0
3
0
0.00
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
上村(レオポンズ)
-
8
32
4
1
4
8
1
0
2
1
1.13
佐藤充(レオポンズ)
1
3
0
0
0
0
0
0
0
0
0.00

 

優勝戦・試合経過 
1回表・大阪バンブス 10:22試合開始
1番辻野セカンドゴロ。2番中尾センター前ヒット。3番雲戸四球。4番吉田英も粘って四球。大阪バンブスワンアウト満塁と先制のチャンスを迎える。しかし5番石原、6番森本と連続で見逃しの三振に倒れ三者残塁無得点。大阪バンブス絶好のチャンスを逃す。
1回裏・レオポンズ 1番弓場(ユバ)ファーストゴロ。2番藤田センター前ヒット。3番佐藤充ファーストゴロで藤田が二進。4番岩田サードゴロで無得点。
2回表・大阪バンブス 7番豊田ファーストファウルフライ。8番小泉ファーストゴロ。9番多田四球。1番辻野の3球目に多田が二盗に成功も辻野は空振り三振で無得点。
2回裏・レオポンズ 5番重松サードゴロ。6番亀尾ファーストファウルフライ。7番岩本ファーストゴロ。三者凡退無得点。
3回表・大阪バンブス 2番中尾セカンドゴロ。3番雲戸空振り三振。4番吉田英左中間をライナーで破るツーベースヒット。5番石原スライダーを空振り三振。2塁に吉田英残塁無得点。
3回裏・レオポンズ 8番達野つまったあたりのサードゴロ。9番上村セカンドゴロ。1番弓場サードゴロエラー、2番の時キャッチャーのパスボールで2塁に。2番藤田の代打折原セカンドゴロ。2塁残塁無得点。
4回表・大阪バンブス レオポンズ代打の折原に代わり西村がレフトに、レフト岩田がライトに交代。
6番森本スライダーに空振り三振。7番豊田レフトフライ。8番小泉空振り三振。三者凡退無得点。
4回裏・レオポンズ 3番佐藤充セカンドゴロ。4番岩田レフトフライ。5番重松センター前にチーム初安打を打つ。6番亀尾サードゴロ。重松残塁無得点。
5回表・大阪バンブス 9番多田ショートゴロ。1番辻野セカンドゴロ。2番中尾セカンドゴロ。大阪バンブス前の回に続いて三者凡退。
5回裏・レオポンズ 7番岩本セカンドフライ。8番達野サードゴロ。9番上村キャッチャーファウルフライ。レオポンズも三者凡退に。
6回表・大阪バンブス 3番雲戸サードゴロ。4番吉田英四球。5番石原ショートゴロ6−4−3のゲッツーでスリーアウト。
6回裏・レオポンズ 1番弓場ファーストゴロ。2番西村セカンド内野安打、3番の2球目に二盗に成功。3番佐藤充セカンドゴロ、西村三塁へ。4番岩田サードゴロ三塁走者残塁で無得点。
7回表・大阪バンブス

6番森本右中間へツーベースヒット、両チーム通じて初めてノーアウトのランナーが出る。大阪バンブス先制のチャンス。7番豊田セカンドゴロでワンアウト三塁に。8番小泉セカンドの左をライナーで抜ける会心のセンター前タイムリーでついに均衡が破れる大阪バンブス1点先制。小泉は9番の時ワイルドピッチで2塁へ進む。9番多田セカンドフライ。1番辻野サードフライ。

7回裏・レオポンズ 大阪バンブスピッチャー石原がセカンド、セカンド豊田がショート、ショート中尾がピッチャーにそれぞれシート変更。
5番重松四球。6番亀尾いい当たりのライトライナー。7番岩本の代打富嶋空振り三振。8番達野の代打佐藤利キャッチャーゴロで重松無得点。
8回表・大阪バンブス レオポンズ代打の冨嶋がセカンド、同じく代打の佐藤利がファースト、ショート佐藤充がサード。
2番中尾空振り三振。3番雲戸サードゴロも送球をファーストが落球し出塁(記録はファーストのエラー)4番の初球に二盗成功、さらに3球目に気迫のヘッドスライディングで三盗も成功させる。ワンアウト三塁と追加点のチャンス。4番吉田英センターへ犠牲フライを打ち上げ三塁走者の雲戸が還り大阪バンブス2点目。5番石原センターフライでスリーアウトも2−0と大阪バンブスがリードを広げる。
8回裏・レオポンズ 9番上村ライト線へツーベースヒット。レオポンズ反撃のチャンスかと思われたが後続の1番弓場がピッチャーフライ。2番西村は空振り三振。3番佐藤充もライトフライに倒れ上村残塁で無得点に終わる。レオポンズの攻撃もあと1イニングのみ。
9回表・大阪バンブス レオポンズファーストの佐藤充がセンター、センター重松がサード、ピッチャー上村がファースト、サードの佐藤充がピッチャーにそれぞれ代わる。
6番森本レフトフライ。7番豊田サードゴロ。8番小泉の代打藤川セカンドゴロ。三者凡退。
9回裏・レオポンズ 大阪バンブス代打の藤川がそのままファーストに入る
4番岩田キャッチャーへのフェアフライをキャッチャーが落球し出塁7,8回に続いてノーアウトのランナー。5番重松のショートゴロをゲッツーをあせったショートが2塁へ悪送球。ノーアウト1,2塁とレオポンズノーヒットで願っても無いチャンス 。 6番亀尾サードゴロもつまった当たりが幸いし走者をそれぞれ進める、ワンアウト2,3塁。7番途中出場で前の打席三振の冨嶋の当たりはレフトオーバーのタイムリースリーベースとなり土壇場でレオポンズが同点に追いつく。続く8番佐藤利もレフトオーバーを放ち劇的なサヨナラ勝利を飾った。(レオ3×ー2バン)レオポンズは初優勝、一方大阪バンブスは近畿統一リーグ3連覇を逃す。MVPに同点打の冨嶋(レオ)。敢闘賞に先制タイムリーの小泉(バン)。優秀選手賞にサヨナラタイムリーの佐藤利(レオ)がそれぞれ選ばれた。

 

第二試合・選抜戦
大阪・大阪マンデーベースボールリーグ選抜 対 兵庫・神戸スパイリーリーグ選抜
主審・荻野 一塁・峯元  二塁・宮崎  三塁・八橋
0
-
H
E
R
大阪マンデーベースボールリーグ選抜
3
2
0
2
0
2
0
0
0
-
0
0
9
兵庫・神戸スパイリーリーグ選抜
0
0
2
0
1
0
1
0
4
-
0
0
8
大阪選抜 藤木(SA)、○東條(HK) - 土井(レド)、鷲尾(CR)
兵庫選抜 ●片山(東灘)、福島(チュ)、高橋、長谷川(以上兵庫) - 柿脇(兵庫)
-
三塁打 藤原大(大阪・パル) 大崎(兵庫・兵庫)
二塁打 土井2(大阪・レド) 鷲尾(大阪・CR) 石橋(兵庫・ペガ)
-
MVP 土井(大阪・レッドソックス)
敢闘賞 工(たくみ)(兵庫・マスターズ)
優秀選手賞 藤原大(大阪・パルプンテいずみ)
優秀選手賞 石橋(兵庫・兵庫)
優秀選手賞 田中裕(大阪・ファルコン)
スパイりリーグチーム略称
OMBLチーム略称
(エ)エンブレム (オア)大阪オアシス
(チュ)チュパーンズ
(バン)大阪バンブス
(レオ)レオポンズ (SA)SAMURAI
(兵庫)兵庫 (住J)住之江Japan
(東灘)東灘ジャガース
(タイ)タイヨーフレンズ
(にし)にしむら珈琲 (HK)TOYOTA HK BROTHERS
(ペガ)ペガサス (ト新)トヨタクラブ新大阪
(マス)マスターズ (パラ)パラダイス
- (ファ)ファルコン
- (ハイ)ハイスポッティング
- (パル)パルプンテいずみ
- (リス)Respect Osaka
-
(レド)レッドソックス
- (Re)Red’s
- (ビグ)ビッグシャーク
- (CR)CROWS
- (メタ)東大阪Metal Cats
-

(暴走)暴走

選抜戦・打撃成績
(先攻)大阪マンデーベースボールリーグ選抜
打順
守備
氏名
打席
打数
安打
打点
盗塁
犠打飛
四死球
三振
失策
1
6
藤原大(パル)
3
3
3
0
1
0
0
0
0
6
中尾(バン)
3
2
0
0
0
0
1
1
0
2
2
土井(レド)
3
3
3
2
0
0
0
0
0
2
鷲尾(CR)
3
3
2
0
0
0
0
0
0
3
8
清水(ハイ)
3
3
1
1
1
0
0
0
0
8
元吉(ビグ)
2
2
1
1
0
0
0
1
0
4
5
田中裕(ファ)
3
3
2
3
0
0
0
0
1
5
曽谷(Re)
2
1
0
0
0
0
1
0
2
5
3
大迫(ト新)
3
3
1
0
0
0
0
0
0
3
西岡(住J)
2
2
1
0
0
0
0
0
1
6
7
衣川(リス)
3
3
1
0
0
0
0
0
0
7
尾田(タイ)
2
2
0
0
0
0
0
0
0
7
4
上田真(暴走)
3
3
0
0
0
0
0
2
1
4
木村徹(パラ)
2
1
0
1
0
0
1
0
1
8
9
原(オア)
3
3
0
0
0
0
0
0
0
9
藤原孝(メタ)
2
2
0
0
0
0
0
1
0
9
1
藤木(SA)
3
2
0
0
0
0
1
0
0
1
東條(HK)
2
2
0
0
0
0
0
0
0
合計
47
43
15
8
2
0
4
5
6
(後攻)兵庫・神戸スパイリーリーグ選抜
打順
守備
氏名
打席
打数
安打
打点
盗塁
犠打飛
四死球
三振
失策
1
5
橋本(ペガ)
5
4
1
0
0
0
1
0
0
2
4
竹松(マス)
1
0
0
0
0
0
1
0
0
4
工(マス)
2
2
2
0
0
0
0
0
0
R-4-6
米田(チュ)
2
2
0
0
0
0
0
0
1
3
8
大崎(兵庫)
5
5
1
1
0
0
0
0
0
4
3
石橋(ペガ)
5
4
1
2
0
1
0
0
0
5
2
柿脇(兵庫)
5
5
2
1
0
0
0
2
0
6
7
松永(東灘)
2
2
0
0
0
0
0
1
0
7
松本(にし)
3
3
0
0
1
0
0
1
0
7
1
片山(東灘)
1
1
0
0
0
0
0
0
0
1
福島(チュ)
1
0
0
0
0
0
1
0
0
1
高橋(兵庫)
2
2
0
0
0
0
0
1
0
1
長谷川(兵庫)
0
0
0
0
0
0
0
0
0
8
9
桔梗(チュ)
2
2
0
0
0
0
0
1
0
H-9
伊吹(チュ)
2
2
0
0
0
0
0
0
0
9
竹田(兵庫)
0
0
0
0
0
0
0
0
0
9
6
福田(にし)
2
1
0
0
0
0
1
0
0
4
中来田(兵庫)
2
2
2
0
0
0
0
0
0
合計
42
37
9
4
1
1
4
6
1

 

選抜戦・投手成績
氏名(チーム)
勝負
投球回
打者
安打
犠打飛
四死球
三振
暴投
ボーク
失点
自責点
防御率
藤木(大阪・SA)
-
4
18
2
0
4
3
0
0
2
0
0.00
東條(大阪・HK)
5
24
7
1
0
3
0
0
6
1
1.80
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
片山(兵庫・東灘)
3
18
8
0
1
2
1
0
5
2
0.00
福島(兵庫・チュ)
-
2 2/3
16
5
0
3
0
1
0
4
4
0.00
高橋(兵庫・兵庫)
-
2 1/3
10
2
0
0
2
0
0
0
0
0.00
長谷川(兵庫・兵庫)
-
1
3
0
0
0
1
0
0
0
0
0.00

 

選抜戦・試合経過 
1回表・大阪選抜 13:00試合開始
1番藤原大いきなり右中間にスリーベースヒット。2番土井の右中間へのタイムリーツーベースであっという間に大阪選抜が先制。
3番清水ファーストゴロ野選。4番田中裕ライト前タイムリーで土井が還り2点目。5番大迫も三遊間をゴロで抜くヒットで続く。6番衣川ショートフライ。7番の初球にワイルドピッチで清水が還り3点目。7番上田真空振り三振。 8番原ピッチャーゴロ。大阪選抜3点先制。
1回裏・兵庫選抜 1番橋本セカンドフライ。2番竹松デッドボール。3番大崎セカンドフライ。4番石橋ファーストファウルフライをファースト大迫が半身でキャッチ、なんとなくファインプレーぽい感じになる。
2回表・大阪選抜 レオポンズセカンド竹松に代わり工(タクミ)に交代。
9番藤木四球。1番藤原大ライト前ヒット。2番土井絶妙のセーフティバントを決めノーアウト満塁とする。3番清水サードゴロで5−2−3のダブルプレー。ツーアウトとなるも、4番田中裕がレフト右へ2点タイムリーを放ち5−0と兵庫選抜を突き放す。5番大迫センターフライ。1塁に田中裕残塁。
2回裏・兵庫選抜 5番柿脇空振り三振。6番松永見逃し三振。7番片山サードファウルフライ。三者凡退。
3回表・大阪選抜 6番衣川センター前ヒット。7番上田真空振り三振。8番原レフトフライ。9番藤木センターフライ。1塁に衣川残塁で無得点。
3回裏・兵庫選抜 8番桔梗(キキョウ)空振り三振。9番福田デッドボール。1番福本四球。2番工ライト前ヒットでワンアウト満塁と兵庫選抜反撃開始。3番大崎セカンドゴロエラーで二者が還り2点還す。なお1.2塁とチャンスが続くも次打者4番石橋の痛烈なライナーがショートの正面をつき2塁ランナー戻れずダブルプレーに。スリーアウト。
4回表・大阪選抜 1番藤原大ショート後ろへのテキサスヒットで出塁、大阪選抜初回から連続でノーアウトのランナー。藤原2番の時二盗に成功。2番土井ライト線へタイムリーツーベースヒット、さらに3番の時ワイルドピッチで三塁に進む。3番清水レフト前タイムリー、4番の時二盗に成功。4番田中裕センターフライ。5番大迫ライトフライ。6番衣川サードファウルフライ。大阪選抜この回連打で2点追加7−2とする。
4回裏・兵庫選抜 5番柿脇ライト線へ落ちる渋いヒット、1塁上で走塁妨害があり2塁へ。6番松永サードゴロも送球が低くファーストが弾く(記録はサードの悪送球)この間に2塁走者がホームをつくが寸前でタッチアウト。7番福島四球で1,2塁。8番桔梗ボテボテのピッチャーゴロで2,3塁とするも9番福田サードゴロでスリーアウト。
5回表・大阪選抜 兵庫選抜レフト松永にかわり松本
7番上田真キャッチャーへのフェアフライ。8番原ショートフライ。9番藤木レフトへの浅いフライを見事にレフトがスライディングキャッチし三者凡退となる。
5回裏・兵庫選抜

大阪選抜ピッチャー藤木→東條。キャッチャー土井→鷲尾。ファースト大迫→西岡。セカンド上田真→木村徹。サード田中裕→曽谷。ショート藤原大→中尾。レフト衣川→尾田。センター清水→元吉。ライト原→藤原孝にそれぞれ総入れ替えする。
1番橋本サードゴロ。2番工センター前ヒット、代走米田。3番大崎右中間三塁打で代走米田が長躯ホームインし1点還しなおワンアウト三塁。4番石橋のレフトフライで三塁走者大崎タッチアップも7−6−2と絶妙の連携でホーム寸前タッチアウト。スリーアウトとなる。

6回表・大阪選抜 1番中尾四球。2番鷲尾ライト前ヒットでノーアウト1,2塁と大阪選抜チャンス。ここで3番元吉がレフト前にタイムリーを放ち8点目。4番曽谷四球。5番西岡サードゴロで本塁封殺。6番尾田サードファウルフライでツーアウトも7番木村徹が押し出しデッドボールで9点目
兵庫選抜福島をあきらめピッチャー高橋に交代。
8番藤原孝空振り三振。三者残塁となるなるもこの回貴重な2点を追加する。
6回裏・兵庫選抜 5番柿脇見逃し三振。6番松本サードゴロエラー。7番高橋見逃し三振の時松本が二盗に成功。8番桔梗の代打伊吹サードゴロで松本残塁無得点。
7回表・大阪選抜

兵庫選抜ショート福田に代わって中来田(ナカキタ)が入りセカンド、セカンド米田がショート、代打の伊吹はそのままライトに。
9番東條キャッチャーファウルフライ。1番中尾ショートゴロエラー。2番鷲尾サード強襲のツーベースヒットで2,3塁。3番元吉空振り三振。4番曽谷サードゴロで二者残塁無得点。

7回裏・兵庫選抜 9番中来田セカンド内野安打。1番橋本ファーストフライ。2番米田セカンドフライ。3番大崎ファーストゴロエラーでツーアウト1,2塁。4番石橋の当たりは右中間を深々と破るツーベースヒット、2塁ランナーに続いてホームをついた1塁ランナーをライトからの返球を受けたセカンド木村徹が深い位置からホームへ大遠投しアウトにする。5回につづいて大阪選抜が連携の妙を魅せる。スリーアウト。大9−4兵
8回表・大阪選抜

5番西岡サード内野安打。6番尾田ピッチャーへの弱いゴロで西岡は2塁へ。7番木村徹キャッチャーへのフェアフライ。8番藤原孝の当たりはあわやレフトオーバーかと思われたがあらかじめ深めに守っていたレフトに好捕される。2塁に西岡残塁無得点。

8回裏・兵庫選抜 5番柿脇ショートゴロ。6番松本サードゴロ。7番高橋セカンドフライ。兵庫選抜2回以来の三者凡退。
9回表・大阪選抜 兵庫選抜ピッチャー高橋に代わり長谷川、ライト伊吹に代わり竹田が入る。
9番東條サードゴロ。1番中尾空振り三振。2番鷲尾ショートゴロ。大阪選抜5回以来今日二度目の三者凡退。
9回裏・兵庫選抜 8番竹田セカンドゴロエラー。9番中来田ライト前ヒット。1番橋本レフト前ヒットでノーアウト満塁。点差は5点。2番米田のサードゴロをサードがホームへ悪送球し兵庫選抜二者が還る。大9ー6兵。なおノーアウト2、3塁。3番大崎セカンドゴロでランナーはそのまま。4番石橋ライトへ犠牲フライを打ちさらに1点還す、2塁走者も三塁へ進む。大9−7兵5番柿脇ショート内野安打で三塁走者還り9−8とついに1点差。しかし最後はマウンドの大阪リーグ最多勝の東條が6番松本を空振り三振に仕留め試合終了。大阪選抜チームは大会4連覇を成し遂げたMVPは先制タイムリーを含む3安打2打点の土井(大・レド)。敢闘賞は2安打の工(兵・マス)。優秀選手賞は3安打と1番の役割を充分にはたした藤原大(大・パル)、2打点の石橋(兵・ペガ)、2安打3打点と貴重な追加点を叩き出した田中裕(大・ファ)がそれぞれ選出された。
HOMEへ