チーム名Respect Osaka「リスペクト大阪」・・・森羅万象のなにものに対しても”リスペクト「尊敬」”の気持ちを忘れない。
監督田島
キャプテン 山尾
リンク-
過去の成績一覧 ※加盟年度・2007年
年度
総合順位
備考(その他の大会の成績など)
2007
14位
-
2008
13位
-
2009
16位
-
2010
18位
-
2011
12位
-
2012
13位
-
2013
14位
-
2014
14位
トーナメント大会準優勝
2015
7位
-
2016
5位
-
文字の大きさは小〜最小でレイアウトしています

 

(注)チームの分析などは筆者の独断です。すべてが正しいというわけではありません。
また不適切な文章や、不愉快な表現、誤字などありましたら削除、訂正いたしますのでメールにてご連絡下さい。

 

Respect Osakaの「走・攻」

打線の中心的存在は長瀬、1番を任されることもあればクリーンアップを
打つこともある。打率、出塁率ともに高く塁に出るとその俊足で果敢に次塁を狙う。

一発のある氏川、チャンスにめっぽう強い4番神田、ひっぱて良し、流して良しの田島
豪快にフルスイングする酒井、ミートのうまい金城、佐藤ら打線に切れ目は無い。

ビッグシャークから移籍してきた山尾新キャプテンの加入も大きい、長打も期待でき、
チャンスに勝負強い打撃は頼りになる。

そのほかも宮崎、間崎ら伏兵陣も元気一杯でどこからでも点が取れる打線は相手の脅威になる。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
Respect Osakaの「投・守」

エース氏川は右の本格派、 躍動感あふれるマウンドさばきにストレートのスピードとスライダーのキレ
で勝負する。低めの速球がズバッと決まればまず打たれることは無い。

2番手は、ビッグシャークから移籍の山尾、まっすぐと変化球が半々くらいの組み立てで
打者を打たせてとる、野手としても頼りになる存在である。

リーグの投手連敗記録を更新中の田島も投げることはたまにある
(注:18連敗※2016.3現在)

内野はショートの長瀬が鉄壁、サード酒井との三遊間は非常に狭く感じる。

外野は山尾を中心に肩が強く、守備範囲も広い。

キャッチャーは強打の神田が正捕手、捕ってからの速さと強肩で盗塁を許さない。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
Respect Osakaの「チーム」

田島監督が全幅の信頼を置くエースの氏川が投げるだけでなく打っても
チームの中心となる。

昨年は加盟以来はじめて5位決定戦に進出、延長タイブレークを
見事モノにしこれまでの最高位である5位になった。
今季はそれ以上の成績を納めたいがそのためには上述どおり
エース氏川の活躍が不可欠である。

準決勝リーグ進出が当たり前になってきた昨今、次なる目標は
最低でも3位決定戦出場、そして決勝進出である。

作成日 2017.4

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
2017年版・選手名簿
撮影年度
更新日
Gallery 1
2007
2007-05-22
Gallery 2
2007-2008
2008-08-06
Gallery 3
2008
2008-08-06
Gallery 4
2008-2009
2009-06-02
Gallery 5
2009-2010
2010-05-04
Gallery 6
2010
2011-09-05
Gallery 7
2011
2011-09-05
Gallery 8
2012
2012-09-17
Gallery 9
2012
2012-09-17
Gallery 10
2013
2014-03-24
Gallery 11
2014
2014-07-15
Gallery 12
2014
2014-07-15
Gallery 13
2015
2015-10-07
Gallery 14
2016
2016-07-01