チーム名

Samurai Denkees「サムライ・デンキース」・・・電機屋さんと「侍」の冠 エラーをしたら切腹する覚悟。介錯人募集中。

監督藤井
キャプテン山口亮
リンクヤマダ電機
-
過去の成績一覧 ※加盟年度・2010年
年度
総合順位
備考(その他の大会の成績など)
2010
17位
-
2011
19位
-
2012
14位
-
2013
12位
-
2014
15位
-
2015
17位
-
2016
14位
-
文字の大きさは小〜最小でレイアウトしています

 

(注)チームの分析などは筆者の独断です。すべてが正しいというわけではありません。
また不適切な文章や、不愉快な表現、誤字などありましたら削除、訂正いたしますのでメールにてご連絡下さい。

 

Samurai Denkeesの「攻」

トップバッターを任されることもあれば中軸を打つこともある佐々が
今季は打線の中心になる、俊足でミートがうまくウィークポイントは見つからない。

長打力ならリーグでも指折りの好打者、4番山口亮に走者を置いて
どれだけ回せるかがチームの得点力を左右する。
ノーステップから豪快にフルスイングする打撃は気持ちがいい、もちろん甘いボールは
楽々柵越えするので相手投手は油断禁物である。

2番を打つ藤原はつなぎの打撃も意識しながら長打も打てる頼りがいのあるバッター、
チャンスに強い尾山はミートがうまく、山崎はセンスあふれる打撃で長打がある。
鋭いスイングで右中間を破る中川、コースに逆らわず低い弾道でヒットを量産する
山本拓、粘り強いバッティングの山上ら打線には切れ目がない。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
Samurai Denkeesの「投・守」

今季もエースは右の藤井、のらりくらりのピッチングだが終わってみると
抑えてしまっていたという試合展開が時々ある。
まっすぐ、スライダーともに別段キレがあるわけでは無いがなんとなく
抑えてしまうことがある不思議なピッチャーである。

2番手というよりこちらもエース級の登板数になる尾山はまっすぐ
変化球ともキレ味鋭く強豪相手に一歩も引かない。
打たせてとるスタイルはエース藤井と同じでディフェンスの堅さが
勝敗に直結する。

受けるキャッチャーは山上、強肩でリードも良く若いだけにフットワークも軽い。

そのほかには山口亮がマスクをかぶることもあるだろうが肩が万全でなく
彼はファーストに回ることが多くなった。

野手はセンター佐々の守備範囲が広く頼りになる。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
Samurai Denkeesの「チーム」

家電量販店大手のヤマダ電機がチームの母体。

神戸や京都など遠方からの選手が多くグランドに来るのも大儀そうだ。
しかしながら藤井監督の人柄もあり皆朝イチからでもしっかり集結する。

ベンチから大声で選手を鼓舞する藤井監督は時にガラの悪い言葉遣いを
し自チームはおろか相手チームからもヒンシュクを買うことがある。
しかしながら本人に悪気はないので大目に見てあげてほしい。
本当は優しく心の暖かい人なのにちょっと悪ぶったキャラを演じているらしい
といううわさである。

作成日 2017.3

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
2017年版・選手名簿
撮影年度
更新日
Gallery 1
2010
2010-05-04
Gallery 2
2010-2011
2011-09-05
Gallery 3
2012
2012-09-17
Gallery 4
2013-2014
2014-07-15
Gallery 5
2014
2014-07-15
Gallery 6
2015
2015-10-07
Gallery 7
2016
2016-07-01