チーム名

トヨタクラブ新大阪・・・略してトヨ新、クラ新、カロ新、ヨタ新などと呼ばれる。

監督池部
キャプテン山下
リンクトヨタカローラ新大阪
過去の成績一覧 ※加盟年度・2007年
年度
総合順位
備考(その他の大会の成績など)
2007
12位
-
2008
7位
-
2009
6位
-
2010
10位
-
2011
4位
-
2012
6位
-
2013
4位
-
2014
10位
-
2015
4位
-
2016
7位
-
2017
準優勝
-
文字の大きさは小〜最小でレイアウトしています

 

(注)チームの分析などは筆者の独断です。すべてが正しいというわけではありません。
また不適切な文章や、不愉快な表現、誤字などありましたら削除、訂正いたしますのでメールにてご連絡下さい。

 

トヨタクラブ新大阪の「走・攻」

打率、出塁率でリーグ内でも群を抜く実績の池部が打線の中心、
俊足でつねに次の塁を狙う貪欲さは他チームも見習うべきところ。

植田はミートがうまくチャンスを作り、新井は力強いバッティングで走者を一掃する。

巧打者山下は引っ張ってよし、流してよしの広角ヒッター。
勝負強いバッティングの永井、チャンスに強い藤田、棚原には走者を置いて
まわしたい。

出塁率のよい山田、橋本に下位打線ながら侮れない寺西ら打線に切れ目はない。

岩永は走攻守三拍子揃い野球小僧があこがれるエースで4番である。

右打者で頼れる大砲は大迫、意外と俊足だったりする。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
トヨタクラブ新大阪の「投・守」

投手陣は豊富で、速球派が顔を揃える。

その中でもエースとしてチームから信頼を得ているのは岩永、
本格派の右腕でしなやかなフォームから伸びのある速球と
切れ味鋭いスライダーで相手打者を手玉に取る。

2番手は植田、キレのある変化球を武器に打たせてとるお手本のピッチング。

3番手は大黒、こちらも速球主体で三振が取れる、スライダーキレも
抜群でエース級の働きをする。

上記3名以外にも橋本、山下、藤田、中達ら豊富な投手布陣は他チームから
するとうらやましい限りだ。

受けるキャッチャーは元気でフットワークの良い永井、強肩でキャッチングの良い新井ら。

内野は山下、棚原、大迫らを中心に守備が堅い。
外野もセンター池部ら守備範囲が広く野手の間を抜かせない。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
トヨタクラブ新大阪の「チーム」

昨年(2017年)準決勝リーグを制し、初めての決勝にコマを進めた。

その決勝ではTOYOTA HK BROTHERSに敗れ準優勝という結果にはなったが
ようやくチームの本領を発揮したシーズンだったような気がする。

選手個々の能力はリーグでも1,2を争うレベルにあるので
実力を普段どおり出せば結果はついてくる。

作成日 2018.4

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
2018年版・選手名簿
撮影年度
更新日
Gallery 1
2007
2007-05-10
Gallery 2
2007-2008
2008-08-06
Gallery 3
2008
2008-08-06
Gallery 4
2009
2009-06-02
Gallery 5
2009
2009-06-09
Gallery 6
2009-2010
2010-05-07
Gallery 7
2010-2011
2011-09-05
Gallery 8
2012
2012-10-16
Gallery 9
2013
2014-03-24
Gallery 10
2013
2014-03-24
Gallery 11
2014
2014-07-15
Gallery 12
2015
2015-10-07
Gallery 13
2015
2015-10-07
Gallery 14
2016
2016-07-01
Gallery 15
2016
2016-07-01
Gallery 16
2017
2017-06-23