チーム名
タイヨーフレンズ 「Taiyo Friends」・・・チームの発足は30年以上前。クラシカルなネーミング。
監督
有末
キャプテン
須藤
リンク
OSTERIA SUDO -オステリアスドウ-
Blog! arisu-AREA
-

-

過去の成績一覧 ※加盟年度・1998年
年度
総合順位
備考(その他の大会の成績など)
1998
優勝
-
1999
3位
-
2000
準優勝
トーナメント大会準優勝
2001
準優勝
-
2002
準優勝
トーナメント大会優勝
2003
準優勝
トーナメント大会優勝
2004
準優勝
トーナメント大会優勝
2005
3位
-
2006
3位
-
2007
5位
-
2008
11位
-
2009
11位
-
2010
6位
トーナメント大会ベスト4
2011
8位
-
2012
15位
-
2013
5位
-
2014
12位
トーナメント大会ベスト4
2015
9位
-
2016
6位
-
2017
7位
-
2018
6位
-
文字の大きさは小〜最小でレイアウトしています

 

(注)チームの分析などは筆者の独断です。すべてが正しいというわけではありません。
また不適切な文章や、不愉快な表現、誤字などありましたら削除、訂正いたしますのでメールにてご連絡下さい。

 

タイヨーフレンズの「走・攻」

1番青木の出塁如何で序盤の得点力が大幅に変わる、昨年首位打者の3番有末大にチャンスで
つなげるかが得点力の鍵となりそうだ。

下位ながら上野、尾崎はどちらも俊足で足を絡めた攻撃が得意。

今季から加入の大垣、山田、谷、山本恭らは攻守にバランスが良く、住岡、楠田らベテランは小技で勝負。

故障がちだが一発のある須藤も打線に欠かせない存在、竹内、清水も長打が期待できる。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
タイヨーフレンズの「投・守」

昨年までのエース元吉に代わって同じ右の竹内が台頭、威力のある速球で打者をねじ伏せる。

同じくエース級の働きをする七宮はコーナーをつく投球術で打ち取る。

3番手以下はコントロール抜群右の杉谷と荒れ球で的を絞らせない左の有末大あたり。

捕手は尾崎、安定感のあるキャッチングは変化球主体の投手陣には頼りになる。
ベテラン青木もマスクをかぶり尾崎同様軽いフットワークで進塁を許さない。

外野は上野、有末大を中心に守りは堅く、大垣の守備範囲の広さは魅力。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
タイヨーフレンズの「チーム」

昨年は2年ぶりに5位決定戦に出場もジェネシスに木っ端微塵に叩きのめされ
コールド&ノーヒットノーラン(5回参考)という屈辱を味わった。

若いメンバーも増え投打とも戦力が充実してきているだけに上位進出すら出来ないとなると
采配を含めた監督の力量に疑問符がつく。

崩れる時は守備が崩壊することが多い、連鎖反応的に失策が続くことがあるので
それを打破しないと上位進出は難しい。

作成日 2019.4

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
2019年版・選手名簿
撮影年度
更新日
Gallery 1
2001-2003
2005-12-09
Gallery 2
2003
2005-12-09
Gallery 3
2004
2005-12-09
Gallery 4
2004-2005
2005-12-09
Gallery 5
2005
2005-12-09
Gallery 6
2006
2006-05-30
Gallery 7
2006
2006-09-09
Gallery 8
2006
2006-09-20
Gallery 9
2007
2007-05-10
Gallery10
2007-2008
2008-08-06
Gallery11
2008
2008-08-06
Gallery12
2009
2009-06-02
Gallery13
2009
2009-07-02
Gallery14
2009
2010-01-04
Gallery15
2010
2010-05-11
Gallery16
2010-2011
2011-09-05
Gallery17
2012
2012-09-17
Gallery 18
2013
2014-03-24
Gallery 19
2014
2014-07-15
Gallery 20
2015
2015-10-07
Gallery 21
2016
2016-07-01
Gallery 22
2017
2017-06-23
Gallery 23
2018
2018-06-28
Gallery 24
2019
2019-05-28