チーム名
REBORN 「リボーン」・・・生まれ変わるの意、心機一転まっさらな気持ちでプレーする。
監督
田島
キャプテン
-
リンク
-

-

-

-

過去の成績一覧 ※加盟年度・2021年
年度
総合順位
備考(その他の大会の成績など)
2021
10位
-
2022
7位
-
※2009年まで予選リーグ優勝チームは準決勝リーグを免除
文字の大きさは小〜最小でレイアウトしています

 

(注)チームの紹介文はそれぞれのチームから提出されたものを原文のまま掲載している場合と
サイト管理者ならびに運営部が作成している場合があります。

チームの分析などはすべてが正しいというわけではありません。
また不適切な文章や、不愉快な表現、誤字などありましたら削除、訂正いたしますのでメールにてご連絡下さい。

 

REBORNの「走・攻」

2020年盗塁王の長谷川がトップバッター、俊足に加え長打も期待できる格好の1番。

打線はセンスある打者が多くだれが4番でも遜色ない、なので9番まで切れ目の無い打線はつながると
ビッグイニングを作り出す。

ベテラン勢も含め長打だけでなく足も使える選手が多く全体的に 粘り強い打者が揃う。

上記長谷川のほか2018,2019盗塁王の氏川らタイトルホルダーの活躍が鍵を握る。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
REBORNの「投・守」

速球派の氏川と山尾の2枚看板がマウンドを守る。

氏川は真っすぐとスライダーのキレで勝負、山尾はコントロールに自信を持ち打たせて取る。

受けるキャッチャーは神田が正捕手、捕ってからの速さと強肩で盗塁を許さない。

今季から加入の茨田(イバタ)もフットワークの良さと強肩で投手陣を引っ張る。

内野はショートの長谷川を中心に守りが堅い。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
REBORNの「チーム」

2020年オフにオーシャンズとRespectOsakaが合体し新しく「REBORN」を結成した。

田島監督はいきなりの大所帯に戸惑うも選手起用を駆使し上位を脅かす。

ベテラン、若手入り乱れての船出となるが元々交流のあったチーム同士、
チームワークの良さで優勝を狙う。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
2023年版・選手名簿
撮影年度
更新日
Gallery 1
2021
2021-04-02
Gallery 2
2021
2021-04-02
Gallery 3
2022
2022-04-26
Gallery4
2023
2023-05-07
Gallery5