チーム名

チーム名・堺大野芝テルヤーズ 「Sakai Onoshiba Teruyas」・・・職場と縁の深い地名と監督の姓。

監督 照屋
キャプテン 北川
リンク

トヨタカローラ南海堺大野芝店

過去の成績一覧 ※加盟年度・2023年
年度
総合順位
備考(その他の大会の成績など)
2023
15位
-
※2009年まで予選リーグ優勝チームは準決勝リーグを免除
文字の大きさは小〜最小でレイアウトしています

 

(注)チームの紹介文はそれぞれのチームから提出されたものを原文のまま掲載している場合と
サイト管理者ならびに運営部が作成している場合があります。

チームの分析などはすべてが正しいというわけではありません。
また不適切な文章や、不愉快な表現、誤字などありましたら削除、訂正いたしますのでメールにてご連絡下さい。

 

堺大野芝テルヤーズの「走・攻」

1番バッターを打つのは非力ながらも出塁率の高い堀井(端)、果敢に次の塁を狙う。

2番上田は小技も長打もあり盗塁も狙える走力のある走攻守揃った好打者。

左のフルスインガー藤田の打球速度はチームー。

4番は経験豊富大ベテランの手嶋が控える。

5番は右の長距離砲畠山。

北川は広角に打てる左の巧打者、シャープなスイングで打球は外野の間をあっという間に抜けていく。

照屋はチャンスに滅法強く、後続にランナーは残さない。

左の西山は恵まれた体格から繰り出すフルスイングが魅力、ベテランの阪本は頼れるいぶし銀。

木村はチーム最年少で初心者ながら若さとセンスの光る打撃を魅せ、讚井はいやらしい打撃で球数を多く投げさせる。

控えには、陶山、森岡がゴルフで鍛えたスイングスピードで打球を運び、藤河、堀井(裕)が小技でかき乱す。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
堺大野芝テルヤーズの「投・守」

エースは右の軟投派讚井、低めを丁寧に突くコントロールで凡打の山を築く。
特にスライダーの制球が抜群。ピッチャー経験は浅いが抜群のセンスと若さ溢れるプレーに期待が膨らむ。

二番手は左の北川。多彩な変化球を繰り出す対左のスペシャリスト。ピッチャー経験も豊富でマウンド捌き、フィールディングはチームー。
ファーストの守備ではショートバウンドは逸らしたことがないと豪語する。

三番手は変則ピッチャー堀井(兄)。右のサイドハンド気味のスリークォーターから繰り出されるブレーキの利いたカーブを軸にカウントを稼ぐ。
その他野手の適正も高く、ユーティリティープレイヤーとして存在感を発揮する。

受けるは畠山。大学ではソフトボールと軟式野球の二刀流でブロッキングに定評あり。強肩を生かしてピッチャーも出来る。

二遊間はフットワークの軽い上田をショートに置き、セカンドを守る藤田はキャッチャーも出来る。

ファーストは安定感抜群の照屋、サードに入る堀井(弟)は反射神経抜群の守備でファインプレーを連発する。

外野には俊足木村、強肩の阪本、安定感の手嶋とスキのない布陣になっている。

森岡、陶山、西山は意外性のある守備、早いカバーリングが魅力の外野手。

内野守備ならどこでも守れる藤河がベンチを温める。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
堺大野芝テルヤーズの「チーム」

昨年初参戦のフレッシュなチーム、今季からチーム堺大野芝改め堺大野芝テルヤーズに名称変更した。

全員が同じ職場の同僚ということもあり、チームワークには自信がある。

しかし初心者も多いため、今後の個々のスキルアップが課題となる。 チームのモットーは「感謝を忘れない」

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
2024年版・選手名簿
撮影年度
更新日
Gallery 1
2023
2023-05-26
Gallery 2
2023-2024
2024-05-25